コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日華平和条約 にっかへいわじょうやくPeace Treaty between Japan and the Republic of China

4件 の用語解説(日華平和条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日華平和条約
にっかへいわじょうやく
Peace Treaty between Japan and the Republic of China

第2次世界大戦後の 1952年4月 28日,日本と台湾の中華民国国民政府との間で締結された講和条約。日本と中華民国との間の戦争状態終了,正常関係再開などを取決めた。タイペイ (台北) で調印。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

日華平和条約【にっかへいわじょうやく】

日本と中華民国との間で第2次大戦の戦争状態を終了させた条約。中国はサンフランシスコ会議に招請されなかったが,サンフランシスコ講和条約を原則として1952年台北で調印。
→関連項目日中共同声明日本

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にっかへいわじょうやく【日華平和条約】

1952年に日本と中華民国の間で結ばれた平和条約。正式名称は〈日本国と中華民国との間の平和条約〉で,4月28日台北で調印され,8月5日発効した。サンフランシスコ講和会議の準備にあたりアメリカイギリス両国は中国代表権が中華民国政府,中華人民共和国政府それぞれにあると判断,1951年6月のロンドン会談でサンフランシスコ講和会議へはいずれも招待せず,会議後日中の2国間で平和条約を締結させ,その際いずれの政府を選ぶかは日本政府の判断にゆだねるという妥協を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にっかへいわじょうやく【日華平和条約】

台湾の国民政府と日本との間で1952年(昭和27)に結ばれた、戦争終結のための条約。72年の日中共同声明で、中華人民共和国政府を中国唯一の合法政府として承認したため、失効。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の日華平和条約の言及

【平和条約】より

…その後,インドとの間には1952年に日印平和条約が結ばれた。中国については,はじめ台湾との間に1952年に日華平和条約が結ばれたが,その効力は中華人民共和国には及ばず,72年の日中共同声明によって,後者との不正常な状態が終了するとともに,日華平和条約は効力を失い,78年には日中平和友好条約が結ばれた。ソ連との間の戦争状態は,1956年の日ソ共同宣言によって終了したが,この宣言で予定されている平和条約は,まだ結ばれておらず,北方領土問題が日ソ間の対立点となっている。…

※「日華平和条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日華平和条約の関連キーワード級化層理日中関係日野BD型バス(ブルーリボン)カリブ文学吉田茂内閣ジョージ三等重役オリンピック音楽コンクール中山悌一

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日華平和条約の関連情報