コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平均台 へいきんだい balance beam

翻訳|balance beam

5件 の用語解説(平均台の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平均台
へいきんだい
balance beam

体操競技の女子種目の一つ。幅 10cm,長さ 5m,高さ 1.25mの台上で演技し,その技と構成,美しさなどの得点を競う。演技は 90秒以内で,これをこえると減点となる。台上の全面を使い,ターンジャンプバランスといった技や,宙返りなどを組み合わせて構成される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へいきん‐だい【平均台】

幅10センチの角材をある高さで水平に固定した器械運動用の器具。体操競技の場合は、高さ1.2メートル、長さ5メートル。
女子体操競技の種目の一。1の上で、からだの平均をとりながら跳躍・回転・舞踊的動きなどを行う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平均台【へいきんだい】

体操競技女子種目の一つ。幅10cm,長さ5m,高さ125cmの平均台(バランス・ビームbalance beam)上で平均姿勢などのポーズ,跳躍,回転,宙返りなどで着地までの運動をバランスをとりながら連続的に行う。
→関連項目器械体操

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

へいきんだい【平均台】

器械体操の用具の一。体の平均をとる運動をするために用いる木製の台。体操競技に用いられるものは、長さ5メートル、幅10センチメートル、高さ120センチメートル。
女子の体操競技の種目の一。の上で演技するもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平均台
へいきんだい
balance beam

体操競技における女子器械種目の一つ(平均台運動)。また、その器械名。長さ500センチメートル、上部平面は10センチメートルの幅の木製台で表面は皮革(バックスキンレザー)で覆われており、床面から125センチメートルの高さで水平に固定される(使用するマットの厚さが20センチメートルの場合。マットの厚さが12センチメートルの場合は床面から120センチメートルの高さ)。
 18世紀中ごろより、ドイツでバセドウJ. B. Basedow(1723―1790)やグーツムーツJ. C. GutsMuths(1759―1839)らによって青少年の体育運動として取り入れられ、「ドイツ体操の父」といわれるヤーンFriedrich Ludwig Jahn(1778―1852)が丸太の遊動木による平均運動を行った。19世紀末になって女子による平均台運動がみられるようになるが、静的な運動が主で、優雅に平均台上を移動するような内容であった。1936年のオリンピック・ベルリン大会から団体総合の演技種目として採用(幅8センチメートル)されており、1960年代になって急速に演技内容が高度化し、後転とびや宙返りなどのアクロバティック系要素の連続技が積極的に導入されてきた。
 きわめて狭い台上で行うので、高度な平衡感覚と身体能力が要求される。近年は、技術の進歩により「演技面(演技スペース)の限定されたゆか運動」ともいわれる。バランスを崩さずにいかに安定して演技するかが優劣判定の条件ともなっており、女子競技のゆかを除く3種目中、もっとも落下率が高い種目で、選手はつねに落下という重圧と闘っており、平均台演技の出来・不出来が総合成績に大きく影響するという声もある。
 演技内容には歩、走、跳躍、振動(体を振る)、波動(波のような動き)などの体操系の運動、ポーズ、ターンなどのバランス系の運動、倒立回転、倒立回転とび、宙返りなどの回転系の運動が含まれる。近年は回転系の技を中心とするスピーディーな演技が主流となっており、静止技の回数にも制限がある。演技構成は、前述の運動要素をむだなく組合せ、500センチメートルの台上を最大限使用しなければならない。さらに演技はリズムに緩急の変化をもたせ、しかも安定したフォームと動きが要求される。1952年の第15回オリンピック・ヘルシンキ大会よりオリンピック種目(種目別)となる。[三輪康廣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の平均台の言及

【体操】より

…そこには,20世紀初頭から,伝統的体操の形式主義を否定し,人間の心身の解放を唱えて台頭してきた新しい体操の影響をうかがうことができ,学校での体操も見直しの時代を迎えている。学校体育【中森 孜郎】
【体操競技】
 体操競技は国際体操連盟(FIG)に帰属するスポーツ種目の一つで,男子6種目(ゆか,あん馬,つり輪,跳馬,平行棒,鉄棒),女子4種目(跳馬,段違い平行棒,平均台,ゆか)から成っている。体操競技においては男女とも,それぞれの器械種目で演技することによって団体総合,個人総合,種目別の別で競われる。…

※「平均台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平均台の関連キーワードウォルソー器物検温圧ろ(濾)器鼎(器)泥像播種機(器)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平均台の関連情報