コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平成新山 へいせいしんざん

4件 の用語解説(平成新山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平成新山
へいせいしんざん

長崎県島原半島にある雲仙岳の火山群の一つ。普賢岳の噴火 (1990~96) によってできた溶岩ドームで,災害終息後の 1996年,島原市と小浜町が命名した。容積約1億 km3。標高 1486m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

平成新山

20年前に始まった普賢岳の噴火で、粘り気が強い溶岩が火口に盛り上がってできた溶岩ドーム。崩落の際に火砕流を引き起こした。噴火が終息した1996年に「平成新山」と名付けられた。標高は1488メートルピークに縮んでいるが、現在も1483メートルあり、普賢岳(1359メートル)を上回って雲仙の最高峰となっている。

(2010-11-17 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へいせい‐しんざん【平成新山】

島原半島中央部にある山。標高1483メートル。雲仙岳の最高峰で、平成2年(1990)から平成8年(1996)にかけて起こった大規模な噴火により形成。
[補説]平成2年(1990)11月から継続して噴火活動がみられ、翌年には溶岩円頂丘が出現、成長と崩壊を繰り返して山体が形成された。この際に起こった大規模な火砕流土石流は、島原市や深江町などに甚大な被害をもたらした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕平成新山(へいせいしんざん)


普賢岳(ふげんだけ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平成新山の関連キーワード洞爺湖温泉普賢岳粘り気雲仙岳災害記念館雲仙・普賢岳の溶岩ドーム三宅島の噴火雲仙・普賢岳の噴火災害自衛隊の災害派遣普賢岳の火山活動深江〈町〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平成新山の関連情報