コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平成新山 へいせいしんざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平成新山
へいせいしんざん

長崎県島原半島にある雲仙岳火山群の一つで最高峰。1990~96年の普賢岳噴火によってできた溶岩円頂丘で,災害終息後の 1996年,島原市小浜町(→雲仙市)が命名した。容積約 1億km3。標高 1483m。噴火後の最高点は 1488m(1995.6.)で,普賢岳の標高(1359m)を最大 129m上回った。国の天然記念物に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

平成新山

20年前に始まった普賢岳の噴火で、粘り気が強い溶岩が火口に盛り上がってできた溶岩ドーム。崩落の際に火砕流を引き起こした。噴火が終息した1996年に「平成新山」と名付けられた。標高は1488メートルをピークに縮んでいるが、現在も1483メートルあり、普賢岳(1359メートル)を上回って雲仙の最高峰となっている。

(2010-11-17 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

へいせい‐しんざん【平成新山】

島原半島中央部にある山。標高1483メートル。雲仙岳の最高峰で、平成2年(1990)から平成8年(1996)にかけて起こった大規模な噴火により形成。
[補説]平成2年(1990)11月から継続して噴火活動がみられ、翌年には溶岩円頂丘が出現、成長と崩壊を繰り返して山体が形成された。この際に起こった大規模な火砕流土石流は、島原市や深江町などに甚大な被害をもたらした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平成新山の関連情報