コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喧嘩両成敗 ケンカリョウセイバイ

2件 の用語解説(喧嘩両成敗の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けんか‐りょうせいばい〔ケンクワリヤウセイバイ〕【××嘩両成敗】

けんかや争いをした者を、理非を問わないで双方とも処罰すること。戦国時代分国法にみられ、江戸時代にも慣習法として残っていた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

けんかりょうせいばい【喧嘩両成敗】

理非を問わず、喧嘩をした者を両方とも同じように罰すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の喧嘩両成敗の言及

【喧嘩】より

…けんか両成敗というのは,理由を問わず,けんかをした者は両方ともよくない,とくに暴力沙汰になったとき,先に手をだした者が悪いとすることだった。武士間の定めとして15世紀中ごろ,室町時代中期に幕府が〈喧嘩両成敗法〉をきめたので,各大名のもとでもその決りが採用され,けんかをした者は重ければ所領没収,軽くても叱責(しつせき)とされた。江戸幕府ができてからはけんか両成敗は慣習上の定めになって法律化はされなかった。…

【武士】より

… 武士の家の自律性の否定とともに,国家の軍事組織のあり方が著しく集権的なものに変化した。近世の軍隊が武を家業とする個々の武士の家の統一的編成として存在していたこと,つまり,近世の軍隊が武装自弁の戦闘者から構成されていたことは中世と同様であったが,近世においては,武装自弁の戦闘者に特徴的な先陣争いや抜駆け,喧嘩などの個人的戦闘行為が厳禁され,喧嘩両成敗法という日本独特の法もここにおいて成立した。喧嘩両成敗とは理非を論ぜず当事者双方成敗という専制的な性格を有する法である。…

※「喧嘩両成敗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

喧嘩両成敗の関連キーワード修羅場争い巧拙年問わんより世を問え洋の東西を問わず理非糺す留役離職就農者喧嘩屋五郎右衛門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

喧嘩両成敗の関連情報