コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幹/柄 カラ

6件 の用語解説(幹/柄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

から【幹/柄】

草木のみき・茎。「粟―(あわがら)」「黍―(きびがら)」
矢の篦(の)。矢がら。
道具の柄(え)。〈和名抄

かん【幹】[漢字項目]

[音]カン(呉)(漢) [訓]みき
学習漢字]5年
木のみき。「樹幹
物事の中心となる部分。「幹線幹部基幹躯幹(くかん)語幹根幹
中心となって取りしきる。「幹事主幹
物事を取りしきる能力。「才幹
[名のり]えだ・から・き・くる・たかし・たる・つね・つよし・とし・とも・まさ・み・もと・もとき・よし・よみ・より
[難読]麻幹(おがら)

み‐き【幹】

《「身木」の意という》
植物の、木質化した茎。高木では主軸となり、枝を出す。
物事の中心となる部分。「来年度のとなる企画」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

みき【幹】

宮崎の芋焼酎。酒名は、蔵元の娘の名・幹子にちなみ命名。タンクで5年熟成させた古酒。原料はさつま芋、米麹。アルコール度数39%。蔵元の「岩倉酒造場」は明治23年(1890)創業。所在地は西都市大字下三財。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

大辞林 第三版の解説

みき【幹】

〔「身木」の意〕
木本植物の木質化した茎のこと。
物事の主要部分。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


みき

樹木において、地上からほぼまっすぐに立つ、太くてじょうぶな茎をいう。幹はその植物体の主軸をなすもので、多くの場合は、種子の幼芽がまっすぐに伸びたものであるが、地下茎からの分枝や根からの不定芽などに由来する場合もある。ヤシ類では側枝はすべて花序となり、花序は早晩脱落するので枝のない樹形ができるが、多くの場合は幹から枝が出て、広がりのある樹冠が形成される。高木は概して1本の幹をもつが、低木には地表面付近からあまり勢いに差がない茎を何本か立てて、幹とよぶべきものをもたないものも多い。[福田泰二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の幹/柄の言及

【茎】より

…シダ植物と顕花植物(両者を合わせて維管束植物という)の体の部分のうち,葉や芽をつける軸状構造の器官である。樹木の幹は主茎が二次肥厚したものでその顕著な例は屋久杉やセコイアの巨木にみられるが,一方シダ植物の根茎のように地中にあって目立たないものもある。先端に花をつける花茎も茎の一種である。…

※「幹/柄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone