(読み)カラ

  • ▽幹/▽柄
  • かん
  • こあし
  • みき
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

草木のみき・茎。「粟―(あわがら)」「黍―(きびがら)」
矢の篦(の)。矢がら。
道具の柄(え)。〈和名抄
[音]カン(呉)(漢) [訓]みき
学習漢字]5年
木のみき。「樹幹
物事の中心となる部分。「幹線幹部基幹躯幹(くかん)語幹根幹
中心となって取りしきる。「幹事主幹
物事を取りしきる能力。「才幹
[名のり]えだ・から・き・くる・たかし・たる・つね・つよし・とし・とも・まさ・み・もと・もとき・よし・よみ・より
[難読]麻幹(おがら)
《「身木」のという》
植物の、木質化した茎。高木では主軸となり、枝を出す。
物事の中心となる部分。「来年度のとなる企画」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

身木の意
木本植物の木質化した茎のこと。
物事の主要部分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樹木において、地上からほぼまっすぐに立つ、太くてじょうぶなをいう。幹はその物体の主軸をなすもので、多くの場合は、種子の幼芽がまっすぐに伸びたものであるが、地下茎からの分枝や根からの不定芽などに由来する場合もある。ヤシ類では側枝はすべて花序となり、花序は早晩脱落するので枝のない樹形ができるが、多くの場合は幹から枝が出て、広がりのある樹冠が形成される。高木は概して1本の幹をもつが、低木には地表面付近からあまり勢いに差がない茎を何本か立てて、幹とよぶべきものをもたないものも多い。[福田泰二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 みき。支柱。また、比喩的に根幹の意にも用いられたか。
※足利本論語抄(16C)公冶長第五「貞は㕝之幹(コアシ)也とは天が能く中正にしてあたるべき㕝に中(あ)て成就万物なり」
※天草版金句集(1593)「エイユウワ クニノ コアシナリ」
[補注]「天草版金句集」は「三略」の「英雄者国之幹、庶民者国之本」を典拠とする例。
〘名〙 (「身木」の意という)
① 植物の茎の一型。木質となって肥大した茎。高木の主軸をなす茎、または、それに類似のものをいう。
※随筆・槐記‐享保一一年(1726)正月二八日「身木は少ふときが相応(ふさわし)かれ、枝も面白かるべし」
② 物事の中心となる部分。幹部。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【茎】より

…シダ植物と顕花植物(両者を合わせて維管束植物という)の体の部分のうち,葉や芽をつける軸状構造の器官である。樹木の幹は主茎が二次肥厚したものでその顕著な例は屋久杉やセコイアの巨木にみられるが,一方シダ植物の根茎のように地中にあって目立たないものもある。先端に花をつける花茎も茎の一種である。…

※「幹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ヘイトスピーチ

「憎悪にもとづく発言」の一形態。匿名化され、インターネットなどの世界で発信されることが多い。定義は固まっていないが、主に人種、国籍、思想、性別、障害、職業、外見など、個人や集団が抱える欠点と思われるも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幹の関連情報