コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広松渉 ヒロマツワタル

デジタル大辞泉の解説

ひろまつ‐わたる【広松渉】

[1933~1994]哲学者。福岡の生まれ。東大教授。マルクスの研究に大きな功績を残し、独自の哲学を構築。著「マルクス主義の地平」「世界の共同主観的存在構造」「存在と意味」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

広松渉【ひろまつわたる】

哲学者。福岡県生れ。1959年東京大学哲学科卒業,1965年同大学院博士課程単位取得退学。1966年名古屋工業大学助教授,1967年名古屋大学教養部講師,1969年助教授となったが,学生運動を支持し,1970年辞職。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広松渉 ひろまつ-わたる

1933-1994 昭和後期-平成時代の哲学者。
昭和8年8月11日生まれ。名古屋工大助教授などをへて,昭和57年東大教授となる。高校時代から共産主義運動に参加。六○年安保闘争以後,新左翼運動の理論家として活動。マルクスの「ドイツ・イデオロギー」の考証・翻訳によりマルクス主義研究にあらたな段階をひらく。物象化をキーワードにした「マルクス主義の地平」をあらわした。平成6年5月22日死去。60歳。福岡県出身。東大卒。著作はほかに「世界の共同主観的存在構造」「存在と意味」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひろまつわたる【広松渉】

1933~1994) 哲学者。福岡県生まれ。東大教授。物象化論を基盤とするマルクス主義研究と四肢構造論を軸とする「事的世界観」の提唱によって戦後日本の哲学界をリードした。著「存在と意味」「世界の共同主観的存在構造」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

広松渉の関連キーワード還元主義物象化論世界観基盤提唱

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android