広松渉(読み)ヒロマツワタル

百科事典マイペディアの解説

広松渉【ひろまつわたる】

哲学者。福岡県生れ。1959年東京大学哲学科卒業,1965年同大学院博士課程単位取得退学。1966年名古屋工業大学助教授,1967年名古屋大学教養部講師,1969年助教授となったが,学生運動を支持し,1970年辞職。1972年法政大学講師,1973年東京大学教養学部講師,1976年助教授,1982年教授,1994年名誉教授。社会主義運動に関わりながらマルクス主義を基に独自の哲学を構築し,新左翼運動の理論の一つとして支持された。主著に《マルクス主義の成立過程》(1968年),《唯物史観原像》(1971年),《資本論の哲学》(1974年),《存在と意味》(1982年),《新哲学入門》(1988年),《マルクスの根本意想は何であったか》(1994年)などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広松渉 ひろまつ-わたる

1933-1994 昭和後期-平成時代の哲学者。
昭和8年8月11日生まれ。名古屋工大助教授などをへて,昭和57年東大教授となる。高校時代から共産主義運動に参加。六○年安保闘争以後,新左翼運動の理論家として活動。マルクスの「ドイツ・イデオロギー」の考証・翻訳によりマルクス主義研究にあらたな段階をひらく。物象化をキーワードにした「マルクス主義の地平」をあらわした。平成6年5月22日死去。60歳。福岡県出身。東大卒。著作はほかに「世界の共同主観的存在構造」「存在と意味」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひろまつわたる【広松渉】

1933~1994) 哲学者。福岡県生まれ。東大教授。物象化論を基盤とするマルクス主義研究と四肢構造論を軸とする「事的世界観」の提唱によって戦後日本の哲学界をリードした。著「存在と意味」「世界の共同主観的存在構造」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android