コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庵室 アンシツ

大辞林 第三版の解説

あんしつ【庵室】

〔「あんじつ」とも〕
僧・尼あるいは隠遁者いんとんしやの質素な住まい。いおり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の庵室の言及

【庵】より

…出家した僧尼や世俗をさけた隠遁者が住む小住居。草庵,庵室,退居庵ともいう。ここに住む庵主は第一線を退いた老尼僧や地方土豪の半聖半俗の翁媼が多く,閑居の宗教生活を送った。…

※「庵室」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庵室の関連情報