コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庵室 アンシツ

デジタル大辞泉の解説

あん‐しつ【×庵室】

《古くは「あんじつ」とも》僧尼や世捨て人の住む粗末な家。いおり
「嵯峨の奥にありと聞く、滝口が―に訪れて」〈樗牛滝口入道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あんしつ【庵室】

〔「あんじつ」とも〕
僧・尼あるいは隠遁者いんとんしやの質素な住まい。いおり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の庵室の言及

【庵】より

…出家した僧尼や世俗をさけた隠遁者が住む小住居。草庵,庵室,退居庵ともいう。ここに住む庵主は第一線を退いた老尼僧や地方土豪の半聖半俗の翁媼が多く,閑居の宗教生活を送った。…

※「庵室」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

庵室の関連キーワード安・庵・按・晏・暗・案・行・闇・鞍豊竹 若太夫(10代目)竹本 綾瀬太夫(初代)豊竹此太夫(2代)竹本綱太夫(2代)竹本春太夫(5代)大原(京都市)東海道四谷怪談弘川寺・広川寺隅田川花御所染豊竹 山城少掾大山崎(町)庵・菴・廬清玄桜姫物藤井小三郎桜姫東文章マルチヌス摂州合邦辻竹本 素京義経千本桜

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

庵室の関連情報