コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廓山 かくざん

3件 の用語解説(廓山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

廓山 かくざん

1572-1625 織豊-江戸時代前期の僧。
元亀(げんき)3年生まれ。高坂虎綱の次男。浄土宗。甲府の尊体寺で出家,江戸増上寺の存応(ぞんのう)に師事する。徳川家康の知遇をうけて伝通院の中興開山(かいさん)となり,浄土宗諸法度の草案をつくった。元和(げんな)8年増上寺13世。寛永2年8月26日死去。54歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。字(あざな)は一実。号は定蓮社正誉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かくざん【廓山】

1572‐1625(元亀3‐寛永2)
江戸初期の浄土宗の学僧。号は定蓮社正誉。甲斐国(山梨県)の出身。増上寺の存応のもとで修学,教義に明るく,弁論に優れていた。1608年(慶長13)11月,江戸城西丸で日蓮宗日経らと宗論をおこない,これに勝って名声をはせた。徳川家康の知遇を受け,家康の生母水野氏(於大の方)の菩提所伝通院が建立されると,その開山として招かれた。しばしば江戸城や駿府城の家康,秀忠の前で法問をおこなっており,12年には家康から《科註法華》を下賜されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

廓山
かくざん
(1572―1625)

江戸初期の浄土宗の僧。定蓮社正誉(じょうれんじゃしょうよ)と号し、諱(いみな)を一実(いちじつ)という。甲斐(かい)(山梨県)出身で、江戸増上(ぞうじょう)寺第12世存応(ぞんのう)(観智(かんち)国師)のもとで修学し、仏教学、浄土宗学に通達した学僧である。1608年(慶長13)江戸城西丸で行われた日蓮(にちれん)宗との宗論(武城(ぶじょう)問答)では、浄土宗を代表して日経(にちぎょう)らと対決し勝利を収めた。以後、徳川家康の信任を受け、生母於大(おだい)の方(水野氏)の菩提(ぼだい)寺である伝通院(でんずういん)に招かれて中興開山となる。また師の存応とともに、しばしば江戸城、駿府(すんぷ)城に特請されて家康、秀忠(ひでただ)に法門を談じた。存応の没後は幕命によって増上寺第13世となった。[阿川文正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の廓山の言及

【伝通院】より

…翌03年寺地を現在地に移し,壮大な堂塔伽藍を建立した。08年には存応の高弟正誉廓山を中興開山と定め,新設の学寮には増上寺から所化の一部を移した。これより檀林すなわち僧侶の研究・教育機関として活況を呈するようになった。…

※「廓山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

廓山の関連キーワード二条光平寛永寺元亀伊丹勝政梅津憲忠織田信昌玉室宗珀秀算照子女王山本道句

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone