コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廓山 かくざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

廓山 かくざん

1572-1625 織豊-江戸時代前期の僧。
元亀(げんき)3年生まれ。高坂虎綱の次男。浄土宗。甲府の尊体寺で出家,江戸増上寺の存応(ぞんのう)に師事する。徳川家康知遇をうけて伝通院の中興開山(かいさん)となり,浄土宗諸法度の草案をつくった。元和(げんな)8年増上寺13世。寛永2年8月26日死去。54歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。字(あざな)は一実。号は定蓮社正誉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かくざん【廓山】

1572‐1625(元亀3‐寛永2)
江戸初期の浄土宗の学僧。号は定蓮社正誉。甲斐国(山梨県)の出身。増上寺の存応のもとで修学,教義に明るく,弁論に優れていた。1608年(慶長13)11月,江戸城西丸で日蓮宗日経らと宗論をおこない,これに勝って名声をはせた。徳川家康の知遇を受け,家康の生母水野氏(於大の方)の菩提所伝通院が建立されると,その開山として招かれた。しばしば江戸城や駿府城の家康,秀忠の前で法問をおこなっており,12年には家康から《科註法華》を下賜されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

廓山
かくざん
(1572―1625)

江戸初期の浄土宗の僧。定蓮社正誉(じょうれんじゃしょうよ)と号し、諱(いみな)を一実(いちじつ)という。甲斐(かい)(山梨県)出身で、江戸増上(ぞうじょう)寺第12世存応(ぞんのう)(観智(かんち)国師)のもとで修学し、仏教学、浄土宗学に通達した学僧である。1608年(慶長13)江戸城西丸で行われた日蓮(にちれん)宗との宗論(武城(ぶじょう)問答)では、浄土宗を代表して日経(にちぎょう)(1560―1620)らと対決し勝利を収めた。以後、徳川家康の信任を受け、生母於大(おだい)の方(1528―1602。水野氏)の菩提(ぼだい)寺である伝通院(でんずういん)に招かれて中興開山となる。また師の存応とともに、しばしば江戸城、駿府(すんぷ)城に特請されて家康、秀忠(ひでただ)に法門を談じた。存応の没後は幕命によって増上寺第13世となった。[阿川文正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の廓山の言及

【伝通院】より

…翌03年寺地を現在地に移し,壮大な堂塔伽藍を建立した。08年には存応の高弟正誉廓山を中興開山と定め,新設の学寮には増上寺から所化の一部を移した。これより檀林すなわち僧侶の研究・教育機関として活況を呈するようになった。…

※「廓山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

廓山の関連キーワード宗論(仏教)了的

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android