コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青馬/白馬 アオウマ

デジタル大辞泉の解説

あお‐うま〔あを‐〕【青馬/白馬】

濃い青みを帯びた黒馬。青毛の馬。また、淡青色や淡灰色の馬。あおごま。
「水鳥の鴨の羽色の―を今日見る人は限りなしといふ」〈・四四九四〉
年初の節会(せちえ)の引きとする白馬、または葦毛(あしげ)の馬。
「春霞まづ引き渡る―をあしげなりとは誰(たれ)か見ざらむ」〈経信集〉
白馬(あおうま)の節会」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の青馬/白馬の言及

【白馬節会】より

…天皇が正月7日に〈あおうま〉を見る儀式。大伴家持が〈水鳥の鴨の羽の色の青馬を……〉と《万葉集》に詠んだように,はじめは青馬であったが,平安中期より白馬と書くようになった。しかし,その後も〈あおうま〉とよんでいる。…

※「青馬/白馬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

青馬/白馬の関連キーワードソフトテニス香港国際空港白馬の節会白馬節会扶余遺跡手味噌マルク節会青毛羽色小袖

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android