弄くる(読み)イジクル

デジタル大辞泉の解説

いじく・る〔いぢくる〕【弄くる】

[動ラ五(四)]《「いじる」の俗な言い方》
指先でもてあそぶ。「髪の毛を―・るくせがある」
はっきりした方針や目的もないのに、いろいろと手を加える。「原稿はかってに―・らないでくれ」
趣味として楽しむために、あれこれとを加えたり、操作したりする。「車を―・るのが好きなんです」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いじくる【弄くる】

( 動五[四] )
「いじる」の俗語的な言い方。 「数字を-・る」
[可能] いじくれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android