弄くる(読み)イジクル

デジタル大辞泉の解説

いじく・る〔いぢくる〕【弄くる】

[動ラ五(四)]《「いじる」の俗な言い方》
指先でもてあそぶ。「髪の毛を―・るくせがある」
はっきりした方針や目的もないのに、いろいろと手を加える。「原稿はかってに―・らないでくれ」
趣味として楽しむために、あれこれとを加えたり、操作したりする。「車を―・るのが好きなんです」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いじくる【弄くる】

( 動五[四] )
「いじる」の俗語的な言い方。 「数字を-・る」
[可能] いじくれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android