コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弄る イジル

デジタル大辞泉の解説

いじ・る〔いぢる〕【弄る】

[動ラ五(四)]
指先や手で触ったりなでたりする。「ネクタイを―・る」
物事を少し変えたり、動かしたりする。「編成を―・る」
趣味として楽しむために、あれこれと手を加えたり、操作したりする。仕事などを趣味のように扱っていう場合もある。「盆栽を―・る」「会社では、毎日パソコンを―・っています」
おもしろ半分に、いじめたり、からかったりする。「先輩が新入社員を―・って楽しむ」
「何にても芸をせよ、と―・る」〈浮・一代男・四〉
[補説]自分のことをいう場合には、軽い自嘲や謙遜の気持ちを、相手のことでは、小ばかにした気持ちを含むことがある。
[可能]いじれる

ま‐さぐ・る【弄る】

[動ラ五(四)]手先であちこち探す。指先でいじる。もてあそぶ。「バッグの中を―・る」「数珠(じゅず)を―・る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いじる【弄る】

( 動五[四] )
〔歴史的仮名遣い「いじる」とする説もある〕
(必要もないのに)さわったり、動かしたりする。もてあそぶ。 「羽織のひもを-・る」
本格的にではなく、趣味でする。遊びでする。何かをすることの謙称としても用いる。 「パソコンを-・っています」
はっきりした目的・方針もなしに、あるいは部分的に組織などを改変する。 「機構を-・る」
弱い者をいじめる。困らせる。 「腰ぬけて鬼婆々となつて嫁子を-・り/浮世草子・禁短気」
[可能] いじれる

まさぐる【弄る】

( 動五[四] )
手をしきりに動かしてさぐる。 「赤子が母親の懐を-・る」 「ポケットを-・る」
手で触れる。手でいじる。もてあそぶ。 「琴を臥しながら-・りて/落窪 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

弄るの関連キーワード仮名遣いネクタイ浮世草子手先盆栽謙遜補説赤子趣味

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弄るの関連情報