コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弄る イジル

4件 の用語解説(弄るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いじ・る〔いぢる〕【弄る】

[動ラ五(四)]
指先や手で触ったりなでたりする。「ネクタイを―・る」
物事を少し変えたり、動かしたりする。「編成を―・る」
趣味として楽しむために、あれこれと手を加えたり、操作したりする。仕事などを趣味のように扱っていう場合もある。「盆栽を―・る」「会社では、毎日パソコンを―・っています」
おもしろ半分に、いじめたり、からかったりする。「先輩が新入社員を―・って楽しむ」
「何にても芸をせよ、と―・る」〈浮・一代男・四〉
[補説]自分のことをいう場合には、軽い自嘲や謙遜の気持ちを、相手のことでは、小ばかにした気持ちを含むことがある。
[可能]いじれる

ま‐さぐ・る【弄る】

[動ラ五(四)]手先であちこち探す。指先でいじる。もてあそぶ。「バッグの中を―・る」「数珠(じゅず)を―・る」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いじる【弄る】

( 動五[四] )
〔歴史的仮名遣い「いじる」とする説もある〕
(必要もないのに)さわったり、動かしたりする。もてあそぶ。 「羽織のひもを-・る」
本格的にではなく、趣味でする。遊びでする。何かをすることの謙称としても用いる。 「パソコンを-・っています」
はっきりした目的・方針もなしに、あるいは部分的に組織などを改変する。 「機構を-・る」
弱い者をいじめる。困らせる。 「腰ぬけて鬼婆々となつて嫁子を-・り/浮世草子・禁短気」
[可能] いじれる

まさぐる【弄る】

( 動五[四] )
手をしきりに動かしてさぐる。 「赤子が母親の懐を-・る」 「ポケットを-・る」
手で触れる。手でいじる。もてあそぶ。 「琴を臥しながら-・りて/落窪 1

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弄るの関連情報