弄る(読み)イジル

デジタル大辞泉「弄る」の解説

いじ・る〔いぢる〕【弄る】

[動ラ五(四)]
指先や手で触ったりなでたりする。「ネクタイを―・る」
物事を少し変えたり、動かしたりする。「編成を―・る」
趣味として楽しむために、あれこれと手を加えたり、操作したりする。仕事などを趣味のように扱っていう場合もある。「盆栽を―・る」「会社では、毎日パソコンを―・っています」
おもしろ半分に、いじめたり、からかったりする。「先輩が新入社員を―・って楽しむ」
「何にてもをせよ、と―・る」〈一代男・四〉
[補説]自分のことをいう場合には、軽い自嘲や謙遜の気持ちを、相手のことでは、小ばかにした気持ちを含むことがある。
[可能]いじれる
[類語]まさぐるひねくるもてあそぶいじくる

ま‐さぐ・る【弄る】

[動ラ五(四)]手先であちこち探す。指先でいじる。もてあそぶ。「バッグの中を―・る」「数珠じゅずを―・る」
[類語]いじるひねくるもてあそぶいじくる探る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android