コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弄ぶ/玩ぶ/翫ぶ モテアソブ

デジタル大辞泉の解説

もて‐あそ・ぶ【弄ぶ/玩ぶ/×翫ぶ】

[動バ五(四)]
手に持って遊ぶ。手であれこれいじる。「ハンカチを―・ぶ」
心の慰みとして愛する。賞翫(しょうがん)する。「書画骨董を―・ぶ」
好き勝手に扱う。楽しむかのように、思いのままに操る。「徒(いたずら)に言葉を―・ぶ」「運命に―・ばれる」
人を慰みものにする。なぶる。「他人の気持ちを―・ぶ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

弄ぶ/玩ぶ/翫ぶの関連キーワード柏村栄行石部雄一余貴美子誉津別命田沢稲舟近藤公園ウツボラ真珠夫人賞翫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android