コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張献忠 ちょうけんちゅう Zhang Xian-zhong; Chang Hsien-chung

3件 の用語解説(張献忠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

張献忠
ちょうけんちゅう
Zhang Xian-zhong; Chang Hsien-chung

[生]万暦34(1606).陝西,延安
[没]順治3(1646).12. 四川,順慶
中国,明末の農民反乱の指導者。崇禎3 (1630) 年陝西北部の政治的危機と相次ぐ飢饉で王嘉胤農民一揆が起ると,これに加わって八大王と称した。次いで高迎祥の配下に属し,山西,河南に勢力を拡大したが,同8年のけい陽 (河南省) の戦略会議で李自成 (→李自成の乱 ) と意見を異にし,翌年から独自に湖広,四川方面に活動を展開し,同 16年には武昌を破って大西王と称した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうけんちゅう【張献忠 Zhāng Xiàn zhōng】

1606‐46
中国,明末農民反乱において,李自成とならび称された指導者。陝西省延安衛柳樹澗の貧農に生まれ,長じて北辺守備隊の兵士となったが死罪を犯し,あやうくのがれた。当時,陝西地方の民衆は明朝の悪政とあいつぐ干ばつ,飢饉に生活は破壊され,各地に暴動が起こっていた。彼は1630年(崇禎3)米脂県18寨の農民を率いて蜂起し,やがて王嘉胤の部隊と合流して八大王と称した。王嘉胤が戦死したのちは高迎祥(?‐1636)の部下となり,一軍の首領として活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

張献忠
ちょうけんちゅう
(1606―1646)

中国、明(みん)末、崇禎(すうてい)年間(1628~44)の反乱の首領。陝西(せんせい)省延安の貧農に生まれる。一時、延綏(えんすい)鎮の守備兵となったが、1630年米脂(べいし)県の農民を率いて決起、八大王を称し、各地の農民軍と不即不離の関係をもって、陝西から河南、湖北、安徽(あんき)に転戦。四川(しせん)に入ったが利あらず、反転して43年、武昌(ぶしょう)を攻略、大西王と称した。翌年ふたたび四川に進み、重慶(じゅうけい)、成都を落とし、ここで帝位につき大西国を建て、元号を大順、成都を西京(せいけい)とし、このころ華北に活躍していた李自成(りじせい)と並ぶ首領となった。建国後、湖南、江西も攻略し、軍規を厳しくして殺傷暴行を禁じた。また、3年間租税を免除し、農奴を解放、婆子(ばし)軍という婦人部隊を編成して婦人の権利を認めるなど、目新しい政策で農民をひきつけた。しかし、そのために、中小地主、士太夫の支持がなく、李自成と連合することもできず、清(しん)軍の南下に呼応した四川の地主らの弾圧を受け、3年間抵抗したが戦死した。[星 斌夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

張献忠の関連キーワード陝西省万暦赤絵延安陝西万暦万暦窯延安派延安宝塔《万暦会典》《万暦続蔵》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone