コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張献忠 ちょうけんちゅうZhang Xian-zhong; Chang Hsien-chung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

張献忠
ちょうけんちゅう
Zhang Xian-zhong; Chang Hsien-chung

[生]万暦34(1606).陝西,延安
[没]順治3(1646).12. 四川,順慶
中国,明末の農民反乱の指導者。崇禎3 (1630) 年陝西北部の政治的危機と相次ぐ飢饉で王嘉胤の農民一揆が起ると,これに加わって八大王と称した。次いで高迎祥の配下に属し,山西,河南に勢力を拡大したが,同8年のけい陽 (河南省) の戦略会議で李自成 (→李自成の乱 ) と意見を異にし,翌年から独自に湖広,四川方面に活動を展開し,同 16年には武昌を破って大西王と称した。翌年四川に入り重慶を取り,成都を破って帝位につき,国号を大西,年号を大順と定めた。彼は官僚,地主勢力に対し仮借なき攻撃を加えたが,が滅びたのち清軍の攻撃にあってこれと対決し,戦死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうけんちゅう【張献忠 Zhāng Xiàn zhōng】

1606‐46
中国,明末農民反乱において,李自成とならび称された指導者。陝西省延安衛柳樹澗の貧農に生まれ,長じて北辺守備隊の兵士となったが死罪を犯し,あやうくのがれた。当時,陝西地方の民衆は明朝の悪政とあいつぐ干ばつ,飢饉に生活は破壊され,各地に暴動が起こっていた。彼は1630年(崇禎3)米脂県18寨の農民を率いて蜂起し,やがて王嘉胤の部隊と合流して八大王と称した。王嘉胤が戦死したのちは高迎祥(?‐1636)の部下となり,一軍の首領として活躍した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

張献忠
ちょうけんちゅう
(1606―1646)

中国、明(みん)末、崇禎(すうてい)年間(1628~44)の反乱の首領。陝西(せんせい)省延安の貧農に生まれる。一時、延綏(えんすい)鎮の守備兵となったが、1630年米脂(べいし)県の農民を率いて決起、八大王を称し、各地の農民軍と不即不離の関係をもって、陝西から河南、湖北、安徽(あんき)に転戦。四川(しせん)に入ったが利あらず、反転して43年、武昌(ぶしょう)を攻略、大西王と称した。翌年ふたたび四川に進み、重慶(じゅうけい)、成都を落とし、ここで帝位につき大西国を建て、元号を大順、成都を西京(せいけい)とし、このころ華北に活躍していた李自成(りじせい)と並ぶ首領となった。建国後、湖南、江西も攻略し、軍規を厳しくして殺傷暴行を禁じた。また、3年間租税を免除し、農奴を解放、婆子(ばし)軍という婦人部隊を編成して婦人の権利を認めるなど、目新しい政策で農民をひきつけた。しかし、そのために、中小地主、士太夫の支持がなく、李自成と連合することもできず、清(しん)軍の南下に呼応した四川の地主らの弾圧を受け、3年間抵抗したが戦死した。[星 斌夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

張献忠の関連キーワード孫可望呉三桂永明王李定国史可法左良玉

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android