コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当帰湯 とうきとう

1件 の用語解説(当帰湯の意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

とうきとう【当帰湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)当帰半夏(はんげ)芍薬(しゃくやく)厚朴(こうぼく)桂皮(けいひ)人参(にんじん)黄耆(おうぎ)山椒(さんしょう)乾姜(かんきょう)甘草(かんぞう)などを含む。唐(とう)代の医学書『千金方(せんきんぽう)』などに処方が示されている。神経痛腹痛胃炎冷え症などに用い、腹部に違和感や膨満感があるとき、とくに有効とされる。顔色が悪く、体力の低下している人がおもな対象。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

当帰湯の関連キーワード漢方薬生薬和漢薬漢薬薬酒草薬方薬和薬上薬処方薬

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone