当物・中物・宛物(読み)あてもの

精選版 日本国語大辞典「当物・中物・宛物」の解説

あて‐もの【当物・中物・宛物】

〘名〙
[一]
① 当てること。また、当てる対象となる物。
※ぎやどぺかどる(1599)上「初めは彼等に憐みの御眼を懸給ふといへども、今は御罰のあて物となし給ふ儀也」
② 隠してある物、なぞなどを考えて言い当てること。当て事。
※浅草(1931)〈サトウ・ハチロー〉金網模様の青空「看守さん、あてものですよ、わかりませんか、これわからないと駄目ですね」
③ 駄菓子屋などで、くじを引かせ、当たると代金以上の菓子や玩具などを与えるもの。
※銀の匙(1913‐15)〈中勘助〉前「水飴(あめ)のほかにあてものや駄菓子など」
※今昔(1120頃か)二五「此の様の当物などは、今は箭(や)の落る所も思え不候」
⑤ 近世末期にみられた門付(かどづけ)の一種。願人坊などが「出ました当て物」と市中を呼び歩き、商店の門口に立ってなぞを自問自答して、金銭をもらい歩くもの。
⑥ 馬の気持を動揺させたり、驚かしたりするもの。あて。
[二] 物をあてがうこと。また、その物。
① 物の形を整えたり、中身を保護するためにあてがう物。
※旧聞日本橋(1935)〈長谷川時雨〉流れた唾き「その時分のモダンは、〈略〉肩に当ものをしたり、お乳にもあてものをして」
能面をかぶる時、左右の頬に張り付けて、面が顔にじかに当たるのを防ぐ枕状のもの。
③ 芝居の舞台の左右にある大臣柱の外側の張り物。関西で道具方が用いる語。かこい。
④ 酒、しょうゆなどの醸造の時、廃水を出す際に中の白米、大豆などが流れ出ないように桶の内側に沿ってあてがう物。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android