後輩(読み)こうはい

精選版 日本国語大辞典「後輩」の解説

こう‐はい【後輩】

〘名〙 (「」は順序の意)
① あとから生まれた人。あとに生まれる人。また、学問、技芸、修業などで、あとに続く者。後進
※平治(1220頃か)下「助け置かれたりとも、栄雄後輩に及ぶべくは、何の恐れか候ふべき」 〔蔡邕‐陳政要七事疏〕
② 同じ学校、地域、職場などで、下級生、またはあとからはいった人をいう。
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉帰ってから「それは彼の友達と云ふよりも寧ろずっと後輩(コウハイ)に当る男の」 〔孟浩然‐陪盧明府泛舟回作詩〕
③ 後方にいる人々。
※経国集(827)一一・奉和鞦韆篇〈滋野貞主〉「後輩趁来満路暉。或歩或車塵影合」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「後輩」の解説

こう‐はい【後輩】

《あとに生まれた人の意》
年齢・地位・経験や学問・技芸などで、自分より下の人。後進。⇔先輩
同じ学校・職場などで、あとから入ってきた人。⇔先輩
[類語]後学後進

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「後輩」の解説

【後輩】こうはい

後進。〔劉正夫にふる書〕士に擧げらるる、先に於て、何(いづ)れのかざらん。先の後輩に於ける(いやし)くも其の至るを見ば、(なん)ぞ以て其のに答へざるべけんや。擧の士大夫、皆然らざる(な)し。

字通「後」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android