徒罪(読み)ずざい

世界大百科事典 第2版の解説

ずざい【徒罪】

律の五刑の一つで,受刑者に拘禁して,一定の年数労役に服せしめる刑罰1年から半年ずつ加えて3年までの5等がある。畿内の徒囚は,これを京に送って路橋の建設工事や宮城四面の清掃等に使役し,女囚は裁縫精米の作業に使役した。地方の徒囚も,その地の官の雑役に従事せしめた。徒囚は就役中,鉄製または木製の首かせを付け,10日に1日,労役を休むことが許された。病人は労役を免ぜられたが,回復後は,そのだけ服役しなければならない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ず‐ざい ヅ‥【徒罪】

〘名〙 律の五罪の一つ。年限を定めて労働させるもので、今の懲役刑に当たる。一年から三年まであり、半年ごとの五等級とする。流罪(るざい)より軽く杖罪(じょうざい)より重い。徒刑(ずけい)。徒(ず)。〔律(718)〕

と‐ざい【徒罪】

〘名〙
① 明治初期、島地に送って重労働を課した罪。徒刑。
※鳥追阿松海上新話(1878)〈久保田彦作〉「吉蔵は竟に賭博の罪科と極り一年の徒罪(トザイ)を申つけられて」
② 「ずざい(徒罪)」のこと。
※太平策(1719‐22)「追放の代りに徒罪を行ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる