コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御府内備考 ごふないびこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御府内備考
ごふないびこう

江戸時代後期における江戸市中の地誌。正編 145巻,後編 147巻。文政9 (1826) 年,幕府は『御府内風土記』の編纂を三島政行に命じ,同 12年に完成させたが,明治5 (72) 年,皇居の火災で焼失。そのとき焼け残った編纂時の資料をもとに集成されたのが本書である。江戸城の沿革や市街の名所旧跡,神社,寺院などの記事は,文政期 (24~30) の江戸を知る貴重な史料。正編のみ『大日本地誌大系』所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御府内備考
ごふないびこう

江戸幕府が編集した江戸の地誌。1826年(文政9)幕府は『御府内風土記(ふどき)』の編集を開始し、書院番士三島六郎政行を主任として、29年成稿した。この風土記は1872年(明治5)の皇居火災で焼失してしまったが、編纂(へんさん)の備考として整理された資料集が『御府内備考』として残された。正編は145巻と付図23からなり、総説に始まり、地勢や町割、江戸城内外の沿革、名所旧跡などが記されている。これらは主として江戸町方の書上げによって編集された。続編は神谷政順編で147巻、付録1巻からなり、江戸府内の寺社の縁起をまとめたものである。江戸の地誌を知るうえでの基本的史料である。『大日本地誌大系』に正編を収める。[吉原健一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

御府内備考の関連キーワード文政寺社町方書上江戸町方書上

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android