コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御柳 ギョリュウ

デジタル大辞泉の解説

ぎょ‐りゅう〔‐リウ〕【御柳】

ギョリュウ科の落葉小高木。多くの細い枝を出し、繊細な葉を密生する。春と夏の2回、淡紅色の小花が群生して咲く。中国の原産で、日本に寛保年間(1741~1744)に渡来。庭木などにする。檉柳(ていりゅう)。
[補説]書名別項。→御柳

ぎょりゅう【御柳】[書名]

《原題、〈イタリアMyricae》イタリアの詩人、パスコリの処女詩集。1891年、友人の結婚祝いとして制作された。増補改訂を経て、1903年に決定版を刊行。「ミリーチェ」ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょりゅう【御柳】

ギョリュウ科の落葉小高木。中国北部の原産。寛保年間(1741~1744)に渡来。枝はよく分枝し、短針形の葉が鱗片りんぺん状に重なりあって小枝に互生する。春夏の二度、淡紅色の五弁の小花を総状に密につける。観賞用。檉柳ていりゆう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

御柳 (ギョリュウ)

学名:Tamarix chinensis
植物。ギョリュウ科の落葉小高木,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

御柳の関連キーワードレプトスペルマムマヌカ総状小枝