コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳丹城 とくたんじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳丹城
とくたんじょう

古代,蝦夷征討のために構築された城柵 (→ ) 。弘仁2 (811) 年征夷大将軍文室 (ふんや) 綿麻呂の建議によって築かれたと思われる。場所は,岩手県紫波郡矢巾町徳田が比定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とくたんじょう【徳丹城】

日本古代の城柵。〈とくたんのき〉ともいう。史料上の初見は814年(弘仁5)である。803年(延暦22)に造られた志波(しわ)城はたびたび水害をこうむるので,便地に移したい旨の願が811年に出され,それが許可されているが,徳丹城は,その志波城後身と考えられている。岩手県紫波郡矢巾町徳田にその遺跡があり,北上川沿いの低平な自然堤防上に立地している。規模は一辺約350mのほぼ方形である。外郭線の構造は丸太材を立てならべたものであり,各辺の中央には八脚門が,またところどころにやぐらが設けられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の城がわかる事典の解説

とくたんじょう【徳丹城】

岩手県紫波(しわ)郡矢巾(やはば)町にあった平安時代の城柵。国指定史跡。803年(延暦22)に、坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)により、これよりやや北に造営された志波城(盛岡市)が雫石川の氾濫で大きな被害を受けたため、田村麻呂の後任の征夷大将軍文室綿麻呂(ふんやのわたまろ)の建議により、志波城より約10km南の当地に新たな城柵として建設することが決まり、志波城を解体・移築して811年(弘仁2)に完成した。徳丹城の外郭は約350m四方と志波城よりも規模は小さいが、官衙の建物群の跡も残り、志波城の政治機能がそっくり引き継がれたことを物語っている。現在は史跡公園として整備され、公園内には矢巾町歴史民俗資料館、南部曲り家なども併設されている。JR東北本線矢幅駅から車で約5分。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳丹城
とくたんじょう

古代陸奥(むつ)国における蝦夷(えぞ)経営最後の城柵。803年(延暦22)坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が造城使となって志波(しわ)城(盛岡市太田)を建てたが、811年(弘仁2)、水害を避けるため近くの便宜の地に城を移すことになった。その移建後の志波城が徳丹城と考えられ、814年(弘仁5)に初見する。位置は岩手県紫波(しわ)郡矢巾(やはば)町徳田と考えられ、1辺350メートル方形の柵(さく)列が確認されている。[高橋富雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

徳丹城の関連キーワード坂上田村麻呂矢巾(町)文室綿麻呂徳丹城跡高橋富雄胆沢城跡志波城跡柵址

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android