コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志波城 しわじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志波城
しわじょう

東北地方における蝦夷征討のため,桓武天皇のとき,征夷大将軍坂上田村麻呂によって岩手県盛岡市下太田に置かれた城柵(→)。『日本紀略』延暦22(803)年には,越後国から米と塩とを志波城に送ったことがみえる。10年程度存在していたが,雫石川の洪水被害をたびたび受けたため,徳丹城が築かれ,機能が移された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しわじょう【志波城】

日本古代の城柵。子波,斯波とも書き,〈しわのき〉とも読む。9世紀初頭に,いわゆる蝦夷経営を経て,岩手県南部の北上川流域〈胆沢(いさわ)の地〉がようやく治まると,その安定を得た地に築造されたのが水沢市にある胆沢城とこの志波城である。志波城は,胆沢城と同じく蝦夷経営の功のあった坂上田村麻呂が造志波城使となり803年(延暦22)に造られた。現在その遺跡は,旧岩手郡内の盛岡市の太田方八丁遺跡とすることに大きな異説はない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の城がわかる事典の解説

しわじょう【志波城】

岩手県盛岡市市街の西にあった古代の城柵。国指定史跡。蝦夷の首長アテルイ(阿弖流爲、阿弖利爲)を滅ぼした坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が803年(延暦22)、奥六(おくろく)郡(のちの陸中、今日の岩手県を中心とした一帯)北部に律令制に基づく支配体制を根づかせるために、北上川と雫石川が合流するあたりに築いた政治・軍事上の拠点である。志波城があった場所については諸説あり確定していなかったが、1970年代の後半に東北自動車道の建設に先立って行われた発掘調査で所在地が判明し、国指定史跡「志波城跡」となった。この調査の結果、堀と築地塀に囲まれた外郭と150m四方を築地塀で囲まれた内郭の二重構造で、その中に官衙の建物が配され、外郭の外側には兵舎と思われる多数の竪穴住居跡があったこともわかった。その規模は鎮守府となった胆沢(いさわ)城を上回り、多賀城に匹敵する。しかし、雫石川の氾濫により大きな被害を受け、建設から10年ほどで放棄され、新たな城柵(徳丹(とくたん)城)が建設されて、その役割を終えた。現在、志波城跡は盛岡市により整備されて「志波城古代公園」になっている。公園内には建物や門、築地塀などが復元されている。JR盛岡駅からバス約26分で飯岡十文字下車、徒歩約5分。◇斯波城とも記される。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志波城
しわじょう

斯波城とも書き、「しわのき」とも読む。平安時代の初め、東北地方のもっとも北に設置された城柵(じょうさく)。坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)は胆沢(いさわ)城を造営した翌年の803年(延暦22)、さらに北に志波城を築いた。しかし、まもなく811年(弘仁2)水害にあったことから、徳丹(とくたん)城(遺跡は岩手県紫波(しわ)郡矢巾(やはば)町)に移されることになった。志波城の遺跡は岩手県盛岡市中太田にある太田方八丁(ほうはっちょう)遺跡とされ、約150メートル四方の政庁跡を中心に、その周囲に多くの掘立て柱建物、竪穴(たてあな)住居跡が発見され、全体は約930メートル四方という大規模なものである。1984年(昭和59)国史跡に指定された。[平川 南]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の志波城の言及

【徳丹城】より

…史料上の初見は814年(弘仁5)である。803年(延暦22)に造られた志波(しわ)城はたびたび水害をこうむるので,便地に移したい旨の願が811年に出され,それが許可されているが,徳丹城は,その志波城の後身と考えられている。岩手県紫波郡矢巾町徳田にその遺跡があり,北上川沿いの低平な自然堤防上に立地している。…

※「志波城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

志波城の関連情報