コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳山湾 とくやまわん

3件 の用語解説(徳山湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳山湾
とくやまわん

山口県南東部,周防灘に面する湾。大島半島および仙島,黒髪島,大津島などに囲まれ,大型タンカーが寄港できる。第2次世界大戦前は海軍の要塞地域であったが,現在は湾奥の埋立て地石油化学コンビナートが立地し,特定重要港湾に指定されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とくやまわん【徳山湾】

山口県の瀬戸内海沿岸中央部に位置し,東の大島半島と西の大津島に囲まれた湾。湾内には黒髪島,仙島などが浮かぶ。約50km2の海域で,水深8~16m,湾口に30mの深所がある。第2次大戦までは海軍の要港であった。現在は湾頭の大規模な埋立地(徳山市,新南陽市)に石油化学コンビナートが成立し,徳山下松(くだまつ)港として特定重要港湾に指定され,年間入港船舶数4万隻以上,総トン数約4000万トンの県下最大の港湾である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳山湾
とくやまわん

山口県瀬戸内海沿岸のほぼ中央にある湾入。周南(しゅうなん)市の大島半島と大津島に囲まれた良湾で、第二次世界大戦までは海軍の要港であった。現在は湾岸一帯に県下一の出荷額をもつ巨大な石油化学コンビナートが発達し、徳山下松港(とくやまくだまつこう)は国際拠点港湾に指定され、年間貿易額は全県の約30%にも及ぶ。大島半島の太華(たいか)山、湾内の黒髪(くろかみ)島、大津島などは瀬戸内海国立公園の一部。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳山湾の関連キーワード大三島広島湾瀬戸内瀬戸内法休暇村瀬戸内東予ノジギク早鞆ノ瀬戸山口[市]山口県下松市瀬戸内地方

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳山湾の関連情報