コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳山湾 とくやまわん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳山湾
とくやまわん

山口県南東部,周防灘に面する湾。大島半島および仙島,黒髪島大津島などに囲まれ,大型タンカーが寄港する。第2次世界大戦前は海軍の要塞地域であったが,今日では湾奥埋立地石油化学コンビナートが立地し,徳山下松港として国際拠点港湾に指定されている。また,湾内ではカレイヒラメ,タイなど漁業も行なわれる。周辺には同笵鏡三角縁神獣鏡を出土した御家老屋敷古墳で知られる竹島がある。黒髪島や大島半島を含め一帯は瀬戸内海国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とくやまわん【徳山湾】

山口県の瀬戸内海沿岸中央部に位置し,東の大島半島と西の大津島に囲まれた湾。湾内には黒髪島,仙島などが浮かぶ。約50km2の海域で,水深8~16m,湾口に30mの深所がある。第2次大戦までは海軍の要港であった。現在は湾頭の大規模な埋立地(徳山市新南陽市)に石油化学コンビナートが成立し,徳山下松(くだまつ)港として特定重要港湾に指定され,年間入港船舶数4万隻以上,総トン数約4000万トンの県下最大の港湾である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳山湾
とくやまわん

山口県瀬戸内海沿岸のほぼ中央にある湾入。周南(しゅうなん)市の大島半島と大津島に囲まれた良湾で、第二次世界大戦までは海軍の要港であった。現在は湾岸一帯に県下一の出荷額をもつ巨大な石油化学コンビナートが発達し、徳山下松港(とくやまくだまつこう)は国際拠点港湾に指定され、年間貿易額は全県の約30%にも及ぶ。大島半島の太華(たいか)山、湾内の黒髪(くろかみ)島、大津島などは瀬戸内海国立公園の一部。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

徳山湾の関連キーワード竹島御家老屋敷古墳徳山(山口県)周南工業地域新南陽[市]飯島清(1)徳山[市]軍艦小事典新南陽若山城櫛ヶ浜河内洲島蛇島

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳山湾の関連情報