大津島(読み)おおつしま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大津島
おおつしま

山口県南東部,徳山湾口の西部にある南北約 7kmの細長い島。かつての徳山市,現周南市に属する。第2次世界大戦中は徳山軍港の一部で,人間魚雷の基地があった。現在回天基地跡,回天記念館がある。スイカ,水産物が主要産物。北東部は花崗岩産地で刈尾は石工の村である。南の陸繋砂州馬島漁村のほかは農村。本土へ船で通う出作は島の土地の狭さを物語る。徳山港から定期船の便がある。面積 4.73km2。人口 536 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

大津島

山口県周南市、徳山港の南西沖約10キロメートルに位置する周南諸島の島。面積約4.73平方キロメートル。第二次世界大戦末期に特攻兵器“回天”(いわゆる人間魚雷)の発射訓練が行われた島で、戦死した隊員たちの遺品などを展示する「回天記念館」がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕大津島(おおつしま)


山口県周南(しゅうなん)市、徳山(とくやま)湾の湾口にある島。砂州で繋がった南東端は馬(うま)島とよばれる。面積はその馬島部分も合わせて4.7km2。南北に細長く、中央部の標高174mを最高点とする丘陵が続く。第二次大戦中の人間魚雷「回天」の基地が残り、記念館がある。一部は瀬戸内海(せとないかい)国立公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大津島
おおづしま

山口県南部、徳山湾西口にある島。周南(しゅうなん)市に属する。面積4.73平方キロメートル。近世初期は富田(とんだ)の枝村で、のち一村となって徳山藩領であった。第二次世界大戦中は徳山軍港の一部で、人間魚雷「回天」の基地があった。「回天」にかかわる資料を展示した回天記念館がある。沿岸には石工の村瀬戸浜、刈尾(かりお)、農村の本浦、天ヶ浦、漁村の柳ヶ浦、馬島などの小集落がある。島の一部は瀬戸内海国立公園の区域に指定されている。馬島港と徳山港の間に定期船がある。人口264(2009)。[三浦 肇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大津島の言及

【徳山[市]】より

…近年の10年間の人口推移(11.2万から10.8万へ)はやや減少傾向。風光にすぐれた徳山湾を囲む大島半島の太華山(362m)や黒髪島は瀬戸内海国立公園の一部をなし,第2次大戦中特殊潜航艇(人間魚雷〈回天〉)基地のあった大津島には回天記念館がある。【三浦 肇】
[歴史]
 1617年(元和3)毛利輝元は,次男就隆に都濃郡と熊毛郡で3万1400余石を分知した。…

※「大津島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大津島の関連情報