コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おし

7件 の用語解説(忍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


おし

埼玉県北部,行田 (ぎょうだ) 市の中心市街地。中世には忍城の城下町として発展し,1889年忍町となったが,1949年市制施行の際,足袋で全国的に知られた大字名の行田が市の名となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しのぶ【忍】

シノブ科の多年生のシダ。山中の岩や樹木に着生。根茎は褐色の鱗片(りんぺん)を密にかぶり、葉身は三角形で細かく裂ける。江戸時代から根や茎を丸めて釣り忍として観賞用にする。しのぶぐさ。 夏》「大岩にはえて一本―かな/鬼城
ノキシノブの別名。
襲(かさね)の色目の名。表は薄い萌葱(もえぎ)、裏は青。秋に用いる。
忍髷(しのぶわげ)」の略。
忍摺(しのぶず)り」の略。
「―のみだれやとうたがひ聞こゆることもありしかど」〈・帚木〉

にん【忍】

こらえること。「の一字」
仏語。
㋐忍辱(にんにく)の意。苦難に耐えること。
㋑修行の階位の忍位。四諦(したい)の理を理解し、善根も定まって、悪趣に落ちない位。

にん【忍】[漢字項目]

常用漢字] [音]ニン(呉) [訓]しのぶ しのばせる
がまんする。じっとこらえる。「忍苦忍従忍耐隠忍堪忍堅忍
むごいことを平気でする。「残忍
隠れて行動する。「忍者忍術
[名のり]おし・しの・たう
[難読]忍冬(すいかずら)忍辱(にんにく)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

忍【おし】

埼玉県行田(ぎょうだ)市の中心をなす旧忍町地区。1490年成田親泰が忍城を築き,その城下町として発展,1590年石田三成が荒川の水を引き忍城を水攻めしたが容易に落ちなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おし【忍】

武蔵国埼玉郡の地名。現在の埼玉県行田(ぎようだ)市利根川と荒川の乱流によって形成された沖積平野自然堤防上に位置する。
[中世]
 1190年(建久1)源頼朝の上洛に際し随兵として従った忍三郎・同五郎は,ここを本領とした武士であろう。文明年間(1469‐87)ごろ,成田親泰が山内・扇谷両上杉氏の争いに乗じてここに築城して以来,成田氏代々の居城となった。1509年(永正6)ごろここを訪れた連歌師の柴屋軒宗長(さいおくけんそうちよう)は,忍城のようすを〈水郷なり。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


おし

埼玉県北部、行田(ぎょうだ)市の一地区。旧忍町。利根(とね)川と荒川によって形成された沖積平野の自然堤防上に位置する。中世成田氏が築城した忍城があり、江戸時代は忍藩の城下町。士族町を忍、町人町を行田とよぶ。忍城跡は行田市郷土博物館となっていて、三層の櫓(やぐら)が再建されている。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

忍の関連情報