コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠誠審査 ちゅうせいしんさloyalty test

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忠誠審査
ちゅうせいしんさ
loyalty test

1947年に公布された「連邦公務員忠誠審査に関する大統領行政命令」に基づいて行われたアメリカ合衆国公務員の適格審査。冷戦下でのレッド・パージ一環として行われた。各官庁の審査に不服があれば,中央の忠誠審査委員会に上訴することができる。この制度に対しては,「不忠誠」に該当する範囲が非常に広く,審査が恣意的で秘密警察性が強いなどの点から,自由権の侵害であるとする非難も強い。なお,忠誠審査制度は連邦ばかりでなく各州,各地方公共団体,民間会社,学校などでも採用されたが現在では行われていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忠誠審査
ちゅうせいしんさ
loyalty test

1947年、トルーマン米大統領の発した「連邦官吏忠誠審査に関する大統領令」に基づく公務員の思想調査・公職適格審査。「合衆国の使用人たる地位に、不忠誠な人間が浸透しないよう、合衆国を最大限に保護すること」を目的としてこの制度が確立され、その結果、各官庁に忠誠委員会が設けられ、公務員はその政治的信条、破壊団体として指定された団体に加入ないし関係している、またはしていたという理由、さらに交友関係によって、なんら不忠誠の行為がなくても、その職を免じられることになった。こうした制度が設けられた背景としては、「冷戦」の激化によって共産主義への脅威感が高まり、体制信従への衝動が強まったことがあげられる。この制度は、各州、各地方公共団体、民間団体、学校などにまで広まった。しかし、その一般的審査手続は粗雑かつ恣意(しい)的で、秘密警察性が強く、伝統的な法の正当な手続を破るものとして、識者によって非難されてきた。[田口富久治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

忠誠審査の関連キーワードチャールズ・エドワード メリアムアメリカ合衆国史(年表)憲法尊重擁護の義務マッカーシイズムマッカーシズムアメリカニズム田口富久治ビンガム

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android