コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠誠審査 ちゅうせいしんさ loyalty test

2件 の用語解説(忠誠審査の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忠誠審査
ちゅうせいしんさ
loyalty test

1947年に公布された「連邦公務員忠誠審査に関する大統領行政命令」に基づいて行われたアメリカ合衆国公務員の適格審査。冷戦下でのレッド・パージの一環として行われた。各官庁の審査に不服があれば,中央の忠誠審査委員会に上訴することができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忠誠審査
ちゅうせいしんさ
loyalty test

1947年、トルーマン米大統領の発した「連邦官吏忠誠審査に関する大統領令」に基づく公務員の思想調査・公職適格審査。「合衆国使用人たる地位に、不忠誠な人間が浸透しないよう、合衆国を最大限に保護すること」を目的としてこの制度が確立され、その結果、各官庁に忠誠委員会が設けられ、公務員はその政治的信条、破壊団体として指定された団体に加入ないし関係している、またはしていたという理由、さらに交友関係によって、なんら不忠誠の行為がなくても、その職を免じられることになった。こうした制度が設けられた背景としては、「冷戦」の激化によって共産主義への脅威感が高まり、体制信従への衝動が強まったことがあげられる。この制度は、各州、各地方公共団体、民間団体、学校などにまで広まった。しかし、その一般的審査手続は粗雑かつ恣意(しい)的で、秘密警察性が強く、伝統的な法の正当な手続を破るものとして、識者によって非難されてきた。[田口富久治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

忠誠審査の関連キーワード旧民法教育公務員国家公務員法地方公務員法特別公務員一種試験非正規公務員見做し公務員忠誠審査制度メリット・システム

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone