コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性心膜炎 きゅうせいしんまくえん acute pericarditis

1件 の用語解説(急性心膜炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

急性心膜炎
きゅうせいしんまくえん
acute pericarditis

急性心包炎ともいう。心臓壁は3層になっているが,このうち心臓を包む心外膜に急性の炎症を起すもの。心外膜は単に心膜ともいう。また心包あるいは心嚢ともいわれる。急性心膜炎にはウイルスの感染による急性良性心膜炎,急性型の結核性心膜炎,急性リウマチ熱時の心膜炎,心筋梗塞に伴う虚血性心膜炎,尿毒症に合併するもの,心臓手術や外傷後に生じるものなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

急性心膜炎の関連キーワード心臓肥大六臓六腑急性心筋炎心臓発作心内膜心臓の法則心囊炎急性心囊炎急性心不全心包炎

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone