コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬膜外血腫 こうまくがいけっしゅextradural hematoma

4件 の用語解説(硬膜外血腫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硬膜外血腫
こうまくがいけっしゅ
extradural hematoma

頭蓋骨と硬膜の間 (硬膜外) に血液がたまった状態をいう。頭部外傷後,中硬膜動脈からの出血で側頭部に急速に血塊を生じ,脳を圧迫するものがほとんどで,そのほか,前頭部,頭頂部,後頭蓋窩にも血腫が生じることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうまくがい‐けっしゅ〔カウマクグワイ‐〕【硬膜外血腫】

頭蓋骨硬膜の間で出血が起こり、血液が貯留した状態。頭蓋骨の骨折を伴う場合が多い。受傷直後に発症する急性硬膜外血腫が多いが、数週間から数か月後に症状が現れる慢性硬膜外血腫などもある。
[補説]硬膜とくも膜の間で出血し血腫が生じた状態を硬膜下血腫という。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうまくがいけっしゅ【硬膜外血腫 epidural hematoma】

頭蓋と硬膜の間に発生する急性頭蓋内血腫の一種(急性頭蓋内血腫は発生部位によって硬膜外血腫硬膜下血腫脳内血腫の3種に分類される)。硬膜外血腫は強い頭部打撲によることが多く,頭蓋骨折により硬膜動脈または頭蓋静脈洞が断裂したために生ずる。一般に意識障害瞳孔不同対光反射消失,片麻痺などの神経症状が急速に発現し,救急手術によって血腫を除去しなければ,脳圧迫(脳ヘルニア)のため死に至る。硬膜外血腫による死亡は,頭部外傷死の3~11%を占めるが,中年,老年に多く,2歳以下の乳幼児では少ない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬膜外血腫
こうまくがいけっしゅ

脳を保護する3層の膜のうち、最外層の硬膜と頭蓋(とうがい)骨内面との間に、主として頭部外傷によって出血した硬膜外出血が、ある程度の大きさになって血塊を生じたものをいう。出血源は、硬膜にある血管の骨折に伴う損傷や骨組織の断裂による骨内の静脈(板間静脈)などの破綻(はたん)である。すなわち、血腫は打撲部位の骨折に関連して形成されるわけであるが、通常、血腫は骨折部の直下に形成される。好発部位としては前頭側頭部が多く、ついで頭頂部、上矢状洞部(頭蓋の正中近くの部位)、後頭蓋窩(か)などにみられる。
 症状として特徴的なのは硬膜下血腫ほど症状の進行が速くない点であり、意識障害がおこるまでに数十分から数時間の意識清明期を経過する場合がある。すなわち、受傷直後は意識清明であるか、または一過性の意識障害にすぎなかったのが、数時間経過後、徐々にあるいは急速に昏睡(こんすい)状態となるような場合、硬膜外血腫が強く疑われるわけである。
 今日ではCT(コンピュータ断層撮影法)によって容易に診断できる。CT上、頭蓋骨に接した両凸レンズ形の白っぽい高吸収域として示される。MRI(磁気共鳴映像法)上では、硬膜は血腫を明確に境する線条として描出されるため、MRIはCTよりも明確に硬膜外、硬膜下血腫を鑑別できる。血腫は高信号域として白っぽく表される。最近では脳血管撮影は省略される。脳血管撮影では、主幹動脈、静脈の偏位と無血管領野の存在から血腫の部位と種類が診断される。初期のうちに適切な治療が行われず放置されると、血腫による圧迫のため脳幹部の障害(脳ヘルニア)をおこし、死に至ることとなる。したがって、頭部外傷急性期において、とくに骨折が認められるような場合は詳しく観察し、硬膜外血腫の診断がつきしだい、ただちに手術によって血腫を取り除き、破綻した動静脈や静脈洞からの出血を止める必要がある。しかし血腫の厚さ20ミリメートル、容積20ミリリットル以下のものでは手術を行わないでも自然に吸収されることがある。硬膜外血腫では脳に損傷を伴うことが比較的少なく、早期に正しく診断され手術が行われると、予後はたいへん良好である。[加川瑞夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硬膜外血腫の関連情報