コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急進的 キュウシンテキ

デジタル大辞泉の解説

きゅうしん‐てき〔キフシン‐〕【急進的】

[形動]目的・理想などを急いで実現しようとするさま。また、現状を変えることに積極的なさま。「急進的改革

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうしんてき【急進的】

( 形動 )
理想の実現や物事の改革を急激に行おうとするさま。 「 -な思想」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

急進的の関連キーワードアルカン:モーツァルト:ピアノ協奏曲 第8番 ニ短調 [K466] 、二つのカデンツァつき/piano soloショスタコーヴィチ:ピアノ・ソナタ 第2番 ロ短調/piano soloリスト:調のないバガテル/piano soloジャマーアテ・イスラーミーチェルヌイシェフスキーオフオフブロードウエーコラ・ディ・リエンツォトーマス ミュンツァーC.B. ジャーガンシーグル ホゥールウルストンクラフトデジェー サボーカールシュタットエスプロンセーダドブロリューボフフリー・ジャズジェリフスキームスリム同胞団ネクラーソフミュンツァー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

急進的の関連情報