過激(読み)かげき

精選版 日本国語大辞典「過激」の解説

か‐げき クヮ‥【過激】

〘名〙 (形動)
① 考え方ややり方が、ひどくかたよっていること。多く、社会的良識からはみ出るような、穏やかでない思想や行動についていう。
※日本詩史(1771)四「徂徠才大気豪、言多
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉上「一切人民の自由に放任せよと云ふが如き過激(クヮゲキ)の議論は」
② 精神や肉体にかかる負担が、度を越えるさま。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一九「大に体操を奨励いたされ候傾向(かたむき)有之。〈略〉あまり過激(クヮゲキ)に過ざるやう、注意有之度」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「過激」の解説

か‐げき〔クワ‐〕【過激】

[名・形動]
度を越して激しいこと。また、そのさま。「過激な運動を避ける」
考え方ややり方が世間の常識からひどくかけ離れていること。また、そのさま。「過激戦術」「過激な発言」⇔穏健
[派生]かげきさ[名]
[類語]ドラスティックラジカル激しいすさまじい強烈猛烈激烈熾烈しれつ苛烈かれつ激甚急激峻烈しゅんれつ激越矯激きょうげきファナティック先鋭烈烈痛烈辛辣シビア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android