コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矯激 キョウゲキ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐げき〔ケウ‐〕【矯激】

[名・形動]言動などが並はずれて激しいこと。また、そのさま。
「―の言を弄して自ら欺き」〈独歩・運命〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうげき【矯激】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
言動がなみはずれてはげしいこと。極端に過激なこと。また、そのさま。 「言葉づかひが-に流れて来た/春 藤村

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

矯激の関連キーワード学問のすゝめ二・二六事件桜井雪保狩野永納石井十次銭玄同

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android