コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痛烈 ツウレツ

デジタル大辞泉の解説

つう‐れつ【痛烈】

[名・形動]働きかけなどが非常に激しいこと。手厳しいこと。また、そのさま。「痛烈な打球」「痛烈に批判する」
[派生]つうれつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つうれつ【痛烈】

( 形動 ) [文] ナリ 
非常にはげしく攻めたてるさま。てきびしいさま。 「 -な批判」 「 -な皮肉」 「 -な一撃」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

痛烈の関連キーワードジャン・クロード ヴァン・イタリーラサリーリョ・デ・トルメスの生涯オズバート シットウェルルイス・デ・アラルコン痴愚神礼讃・癡愚神礼讚チャップリンの独裁者パンタグリュエルフォルテグエッリオペラ・コミックノース・ブリトンシュテルンハイムドイツ・冬物語国分青【がい】ドン・ジュアンガリバー旅行記ラングランドギリシア喜劇ユウェナリスエルベシウス世事見聞録

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

痛烈の関連情報