コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辛辣 シンラツ

デジタル大辞泉の解説

しん‐らつ【辛辣】

[名・形動]《舌をひりひりさせるほどからい意から》言うことや他に与える批評の、きわめて手きびしいさま。「辛辣をきわめる」「辛辣な風刺漫画」
[派生]しんらつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんらつ【辛辣】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
言葉や表現が非常に手厳しい・こと(さま)。 「 -な批評」
味がきわめてからい・こと(さま)。
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

辛辣の関連キーワードロバート・モイス・コルザーズ ベイトマンコンラート[メーゲンベルクの]エッサ・デ・ケイロースエジンバラ・レビューニタ タルボットローアル ダールJ. メンツェルピカレスク小説ラロシュフコートゥホルスキーブランカーティシットウェル大いなる助走ユウェナリスジュンケイロセモニデス悪魔の辞典石割松太郎クルーガーギフォード

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辛辣の関連情報