コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熾烈 シレツ

デジタル大辞泉の解説

し‐れつ【×熾烈】

[名・形動]《「熾」は火勢の盛んである意》勢いが盛んで激しいこと。また、そのさま。「熾烈をきわめる商戦」「熾烈な戦い」
[派生]しれつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しれつ【熾烈】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「熾」は火勢の強い意〕
勢いが盛んで激しいさま。 「 -な戦い」 「戦闘は-をきわめた」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

熾烈の関連キーワードスクリャービン(スクリアビン):2つの左手のための小品/piano soloポイス(John Cowper Powys)クラウス(Karl Kraus)ウィリアム・ランドルフ ハーストムルーク・アッタワーイフ時代インストア・マーケティングアレクサンドル オベチキン南ベトナム解放民族戦線ランパート ジェームス2007年米国の動向ファンダメンタリズムセブンオークスの虐殺冽・列・劣・烈・裂持続的競争優位オンライン書店ハドソン湾会社統帥権干犯問題イモトアヤコディアドコイショーロホフ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熾烈の関連情報