コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性相 しょうそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

性相
しょうそう

性と相。万有のうちに実在する絶対の真理といい,種々な形,色などをもって現象として現れている姿を相という。法相宗がこれを研究する代表的な学派であるが,たとえば,万有に実在する真理 (真如) を性とし,直接あるいは間接の原因が相まって成立するこの世のもろもろの存在を相とするなどの解釈がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐そう〔シヤウサウ〕【性相】

仏語。本体と現象。
しょうぞう(性相)

しょう‐ぞう〔シヤウザウ〕【性相】

唯識(ゆいしき)・倶舎(くしゃ)の教学性相学(しょうぞうがく)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうそう【性相】

〘仏〙
万物の真実の本性・本体である性と、現象として現れる姿である相。存在の二面。
〔「しょうぞう」という〕 を研究する法相ほつそう宗のこと。性相学。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

性相の関連キーワード松江市のDV被害者支援と仮名の国民健康保険証いしかわ性暴力被害者支援センター(仮称)バーバラ カースルフィロキノン当量ウイルス(医学)ロバート カーソルケダライトラ・ロシェルシマ サマル磁気抵抗材料中川 善教黒田 真洞ネール状態岡野あつこ高井 観海ブルボン家徳山宣鑑田丸慶忍末梢神経女性運動

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

性相の関連情報