コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恩借 オンシャク

デジタル大辞泉の解説

おん‐しゃく【恩借】

[名](スル)《「おんじゃく」とも》人の好意によって金銭や品物を借り受けること。また、その金品。
「手紙を書いて―の礼を述べた」〈漱石こゝろ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おんしゃく【恩借】

( 名 ) スル
〔「おんじゃく」とも〕
特別の情けで金品を借りること。また、その金品。 「お願ひ申して償ひ金-いたせしその砌り/歌舞伎・蝶鶼山崎踊」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

恩借の関連キーワード金品

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android