コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

借りる カリル

デジタル大辞泉の解説

か・りる【借りる】

[動ラ上一]《動詞「か(借)る」(四段)の上一段化》
あとで返す約束で、人の物を一時的に自分のもののように使う。「友人から金を―・りる」「図書館で本を―・りる」⇔貸す
使用料を払って一定の期間自分の用に使う。「アパートを―・りる」⇔貸す
他より知恵・力などの助けを受ける。「年長者の知恵を―・りる」⇔貸す
ある目的のために一時的に他の物を利用する。「この場を―・りて一言お礼を申し上げます」「あなたの言葉を―・りて言えば」
[補説]上一段活用の「借りる」が用いられるのは近世後期の江戸語から。今日、共通語では「借りる」であるが、関西では五段活用の「借る」が用いられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かりる【借りる】

( 動上一 )
〔四段動詞「借る」の上一段化。近世江戸語以降のもの〕
あとで返す約束で、他人の品物や金銭を自分の用に使う。有償にも無償にも言う。借用する。 ↔ 貸す 「本を-・りる」 「銀行から資金を-・りる」 「事務所を-・りる」
他人の能力などを使わせてもらう。 「知恵を-・りる」 「猫の手も-・りたいくらい忙しい」 「兄弟子の胸を-・りる」
仮に他のものを使う。臨時にある用途に当てる。 「ゲーテの言葉を-・りれば、…」 「この場を-・りて」 「名を-・りる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

借りるの関連キーワードカバードショートセリングセキュリティーデポジット借り越す・借越す借り手・借手借り主・借主ちょい借り永代借地質に置く又借り借入れ賃借人地蔵顔前借金内借り押借り日借り間借り大尽金出小作借越し

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

借りるの関連情報