感情論(読み)かんじょうろん

精選版 日本国語大辞典「感情論」の解説

かんじょう‐ろん カンジャウ‥【感情論】

〘名〙 理知によらないで、感情にかたよった議論。感情によってなされる議論。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「感情論」の解説

かんじょう‐ろん〔カンジヤウ‐〕【感情論】

理性によってではなく、感情によってなされる議論。「感情論に走る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「感情論」の解説

かんじょうろん【感情論 treatise on sentiments】

広義の感情についての理論的な考察。広義の感情のなかには,情動情念,それと狭義の感情が含まれるから,感情論には,情動(情緒)論や情念論も含まれることになる。そこで,情動と情念と感情の区別であるが,まず情動とは,身体的なものにまで影響を及ぼすような強い感受的状態のことである。これに対して情念とは,情動がさらに強まって永続化し,われわれの生の自然の流れがせきとめられて苦悩にさらされている状態である。そしてさらに感情とは,統御され自覚された情念のことである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android