コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感情論 カンジョウロン

デジタル大辞泉の解説

かんじょう‐ろん〔カンジヤウ‐〕【感情論】

理性によってではなく、感情によってなされる議論。「感情論に走る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんじょうろん【感情論 treatise on sentiments】

広義の感情についての理論的な考察。広義の感情のなかには,情動情念,それと狭義の感情が含まれるから,感情論には,情動(情緒)論や情念論も含まれることになる。そこで,情動と情念と感情の区別であるが,まず情動とは,身体的なものにまで影響を及ぼすような強い感受的状態のことである。これに対して情念とは,情動がさらに強まって永続化し,われわれの生の自然の流れがせきとめられて苦悩にさらされている状態である。そしてさらに感情とは,統御され自覚された情念のことである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんじょうろん【感情論】

理知的でなく、感情にかられた、また主観にかたよった議論。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

感情論の関連キーワードスミス(Adam Smith)心理の論理家族社会学融合的思考医師の処分見えざる手社会科学エティカ転導推理感情論理リボースミス理性広義意見黄禍主観

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感情論の関連情報