コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情念論 じょうねんろんLes passions de l'âme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

情念論
じょうねんろん
Les passions de l'âme

フランスの哲学者ルネ・デカルト最後の著作。 1649年刊。 45年デカルトは,かねて文通していた流浪のボヘミア王女エリザベトの求めに応じて道徳論を書簡によって論じはじめたが,やがて中心課題は情念の問題となり,翌年にかけての冬の間に『情念論』 (デカルトはほとんどの場合 Traité des passionsと呼んでいる) の第1稿が完成した。 47年初頭スウェーデン女王クリスチナの諮問に答えて至高善と愛を論じ,あわせてこの小論を献じた。著者には公刊の意図はなかったが,パリの友人の強い要望で,加筆のうえ 49年アムステルダムとパリで初版が刊行された。命題とその解釈よりなるスコラ的節構成の全 212節が3部に分れている。第1部は人間精神の諸機能のなかでの情念の位置づけ,第2部は驚き,愛,憎しみ,欲望,喜び,悲しみの6つの原初的情念を,第3部はそれらの合成よりなる個別的情念を扱っている。著者は精神の受動としての情念をおのれの二元論のなかで位置づけ,さらにそれを生理学的に基礎づけることによって,個々の情念の得失を考えたうえでそれに対する処置を引出そうとした。デカルトの道徳論の中核をなす (第3部にある高邁についての理論は特に有名になった) と同時に,最晩年のデカルトの思想の展開をうかがわせる書物である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

情念論
じょうねんろん
Trait des passions de l'me

デカルトの最後の著作。1649年刊。人間の情念(感情)を心理学的かつ生理学的に考察し、道徳の問題に説き及んでいる。本書は、ドイツからオランダに亡命していたエリザベート王女の質問をきっかけとして書かれた。王女は、デカルトの精神と物体(=身体)の二元論において、心身合一体としての人間が占める位置が問題となることを鋭く指摘した。そこでデカルトは、心身合一体に特有な意識である感情の考察に向かうことになった。感情は身体によって引き起こされる意識状態、すなわち「精神の受動」passion de l'meである。さてデカルトは、情念(=受動)のうち、驚き、愛、憎、欲望、喜び、悲しみの六つを基本的なものとし、心理学的に分析する。他の諸情念は、基本的情念の複合として説明される。また、情念は動物精気(血液中の微細物質)が精神の座である松果腺(しょうかせん)に作用した結果生じるものとされ、その機構が生理学的に記述される。このように情念のメカニズムを客観的、機械的に認識することによって、情念を自由意志の手段とすることが可能となる。自由意志を正しく使用し、情念を支配することが、高邁(こうまい)という最高の徳につながると結論される。[香川知晶]
『伊吹武彦訳『情念論』(角川文庫) ▽野田又夫訳『デカルト 方法序説・情念論』(中公文庫) ▽花田圭介訳『デカルト著作集3』(1973・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の情念論の言及

【感情論】より

…広義の感情についての理論的な考察。広義の感情のなかには,情動,情念,それと狭義の感情が含まれるから,感情論には,情動(情緒)論や情念論も含まれることになる。そこで,情動と情念と感情の区別であるが,まず情動とは,身体的なものにまで影響を及ぼすような強い感受的状態のことである。…

※「情念論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

情念論の関連キーワードヒューム(David Hume)人性論(ヒュームの著書)デカルト哲学の基本概念フランス哲学花田 圭介中村雄二郎方法序説神学大全感情論情緒説

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android