コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほろり ホロリ

デジタル大辞泉の解説

ほろり

[副](スル)
葉や花が散り落ちるさま。「枯れ葉がほろりと落ちる」
涙が一滴落ちるさま。「ほろり(と)涙がこぼれる」
涙が出そうになるほど心が打たれるさま。「ほろりとさせられる話」
少し酒に酔うさま。「一杯の酒にほろりとする」
(かたまり状のものが)触れただけで柔らかく崩れるさま。「口の中でほろりとほぐれる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほろり

( 副 )
(多く「と」を伴って)
深く同情して涙を落とすさま。ほろっと。 「身の上話を聞いて-と涙を流す」 「観客を-とさせる感動的なシーン」 「 -となる」
酒を飲んで軽く酔うさま。ほろっと。 「 -(と)酔う」
軽く散り落ちるさま。はらりと。 「朝顔と申す物は…夕べには-と落ちまする/狂言・呂蓮 虎寛本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ほろりの関連キーワードほろっと然るから身の上話枯れ葉ほろ狂言

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほろりの関連情報