胸を打つ(読み)むねをうつ

精選版 日本国語大辞典「胸を打つ」の解説

むね【胸】 を 打(う)

① 悲しみや嘆きや無念さから自分のをたたく。自分の胸をたたいて嘆き悲しむ気持を表現する。
書紀(720)仁徳即位前(前田本訓)「時に大鷦鷯尊、摽擗(みムネヲウチ)(おら)び哭(な)いたまふて、所如(せむすへ)知らず」
② びっくりする。はっとする。驚く。
朝霧(1950)〈永井龍男〉「続いて向ひ合ったX氏の、老い込まれた感じは一層私の胸を打つものがあった」
③ 感嘆する。感動させられる。をうつ。
天草四郎(1914)〈木下杢太郎〉下「昔からあなたの言葉ほどわたくしの胸を(ウ)つものはありません」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「胸を打つ」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android