コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性疲労症候群 まんせいひろうしょうこうぐん chronic fatigue syndrome; CFS

9件 の用語解説(慢性疲労症候群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慢性疲労症候群
まんせいひろうしょうこうぐん
chronic fatigue syndrome; CFS

激しい疲労感が何ヵ月も続き,思考力の低下,睡眠障害などを起す原因不明の病気。 1980年代半ばからアメリカ各地で多発し,ウイルス感染症とみられることから,第2のエイズと騒がれた。アメリカ疾病管理センター (CDC) が作成した診断基準によると,激しい疲労,微熱,頭痛,筋力の低下など 11項目のうち8つ以上の症状が半年以上続くか繰返し現れることが条件とされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

慢性疲労症候群

長期間にわたり原因不明の微熱や筋肉痛、全身の倦怠感などが続き、十分な休養を取っても回復しない病気。いくつかの診断基準で、「長期間」とは、6カ月以上とされている。
強い疲労感や全身の痛みのために月に数日以上、仕事や家事ができなかったり、なかには発症以来ずっと寝たきりで過ごす患者もいる。血液や尿などでこの病気を裏づけるバイオマーカーはまだ見つかっておらず、他の疾病の可能性がすべて否定されて初めて診断がつく。筋痛性脳脊髄炎(ME;Myalgic Encephalomyelitis)とも呼ばれる
1984年に米国でこのような病態が報告されて以来、世界各国で同じような症状の患者が見つかり、患者数は、一説には世界で千数百万人と言われている。現在、米国、イギリスカナダをはじめとする各国で、客観的な診断ツール、発症原因、治療法について研究が進められているが、決定的な成果はまだほとんど得られていない。
日本では91年、厚生省(現・厚生労働省)に疲労調査研究班が発足。92年に厚生省CFS診断基準が発表された。現在も、障害者対策の一環として疲労研究班と名を変えて存続しているが、客観的な診断法がまだ開発されていないため、患者は身体障害者手帳の取得もままならない状況が続いている。
2009年10月、米国「サイエンス」誌に、XMRV(異種指向性マウス白血病関連ウイルス)がCFS患者から検出されたという報告があった。次いで10年8月には、「米国科学アカデミー紀要」(PNAS)に、MLV-related viruses(マウス白血病ウイルスファミリー)がCFS患者の89.5%から検出されたという報告が載り、これが原因究明と治療法の開発につながるのではないかという期待が高まっている。

(石川れい子  ライター / 2010年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

慢性疲労症候群

原因不明の強い全身倦怠(けんたい)感、微熱、頭痛、筋肉痛などが長期に続く症状。寝たきりで介護が必要な患者がいる一方、医療・福祉体制が整っていない。患者は国内に約36万人とも推計されている。近年、脳神経系の炎症が原因に関わっているとの報告もあるが、国の難病指定を受けられていない。

(2016-05-05 朝日新聞 朝刊 青森全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まんせいひろう‐しょうこうぐん〔マンセイヒラウシヤウコウグン〕【慢性疲労症候群】

《「筋痛性脳脊髄炎(ME:myalgic encephalomyelitis)」とも》健康に生活していた人が、ある日突然、原因不明の強い全身倦怠感(けんたいかん)におそわれ、通常の生活が送ることが困難になる病気。重度の疲労感とともに微熱・頭痛・脱力感・思考力の低下・抑うつなどが長く。ストレスや遺伝的要因による神経・内分泌・免疫系の変調に基づく疾患とされるが、原因は十分に解明されていない。CFS(chronic fatigue syndrome)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

慢性疲労症候群【まんせいひろうしょうこうぐん】

chronic fatigue syndromeを略してCFSともいう。それまで元気に働いていた人が,突如極度の疲労感に襲われ,意欲はあるが,仕事はおろか日常生活にまで支障をきたす病気。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

まんせいひろうしょうこうぐん【慢性疲労症候群】

 慢性疲労症候群とは、6か月以上にわたり強い疲労感が持続することによって社会生活が著しく損なわれ、病歴上あるいは検査上、診断のつけようがない病態をさします。
 これは、アメリカにおいて1990年前後から注目されるようになった新しい疾患概念です。日本ではいまだコンセンサスが得られておらず、単なる「怠(なま)け病(びょう)」とみなされることも多いようです。典型例は、かぜ症状に引き続いて疲労感と全身倦怠感(けんたいかん)が始まり、意欲低下、不眠などの精神症状をともなうことが多いといわれます。うつ病との関連も示唆されますが憂うつ感のうったえは少なく、「からだのだるさ」や「おっくうさ」といった症状が目立つのがふつうです。
 精神的ストレスと感染症の関連疾患として、精神神経免疫学的な研究(コラム精神神経免疫学」)が進められています。

まんせいひろうしょうこうぐん【慢性疲労症候群】

 1987年、アメリカ防疫センターが発表した原因不明の症候群です。その数年前に、アメリカのネバダ州で、このような症候群にかかる患者さんが集団発生して、注目されていました。
 慢性的に続く強い全身のだるさを主症状として、微熱、咽頭痛(いんとうつう)、頸部(けいぶ)リンパ節の腫(は)れ、筋肉痛、頭痛、不眠・過眠といった睡眠異常などがみられます。
 どの年齢層にもおこりますが、思春期から中年期に多く発症します。
 原因として、ウイルス(EBウイルス、エンテロウイルス、HHV‐6など)の感染が疑われたり、多くの患者さんに免疫異常がみられるとの報告があり、これが関連している可能性も指摘されていますが、まだ確証は得られていません。
 日本でも、厚労省に研究班が設置され、診断基準をつくって調査を行なっています。
 症状が多彩で、これといった検査法もないため、似たような症状を示す病気と、どうみわけるかが問題です。とくにウイルスの感染症や、膠原病(こうげんびょう)(免疫のしくみとはたらきの「膠原病について」)、心身症(「心身症」)などとのみきわめが重要です。
 また、諸臓器にはっきりした病変がないことを確かめ、それらの病気ではないことを確認しなければなりません。
 この症候群を1つの病気としてみるのか、いくつかの病気が複合して現われたものなのか、議論があることも事実です。
 治療は、原因が不明なため、根本的なものはありません。症状に応じて解熱鎮痛薬(げねつちんつうやく)、抗うつ薬などが用いられることもあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

大辞林 第三版の解説

まんせいひろうしょうこうぐん【慢性疲労症候群】

長期間にわたる原因不明の疲労を主症状とする症候群。微熱・咽頭痛・筋力低下・リンパ節の腫れなどの副症状がある。 CFS 。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慢性疲労症候群
まんせいひろうしょうこうぐん
chronic fatigue syndrome

健康に過ごしていた人が、原因不明の激しい全身倦怠(けんたい)感に襲われ、その症状が6か月以上続き、日常生活を送るのにも支障をきたす病態。略称CFS。おもな症状は、強度の疲労感、倦怠感、脱力感、頭痛、微熱、筋肉痛や関節痛、筋力低下、睡眠障害、思考力や集中力の低下、抑うつ症状などで、仕事や家事が手につかなくなり休養を余儀なくされる程度から、体を動かすことさえむずかしくなるほどの重症まで幅広い。抑うつ状態を呈する場合は気分障害や心因性の病態と診断されることがあり、筋肉痛や関節痛を伴う場合は、全身痛が主症状の線維筋痛症の病態ともきわめて類似する。そのため、医療機関でうつ症状や痛みの程度に応じた別の診断が下されることも多い。
 1988年にアメリカで初めて慢性疲労症候群として報告され、日本では1991年(平成3)に厚生省(現、厚生労働省)に研究班が発足、調査・研究が開始された。原因は解明されていないが、神経系、免疫系、内分泌・代謝系の異常が複雑に絡み合った病態であることが明らかになっている。また、PET(陽電子放出断層撮影)検査で重症患者の中脳や視床に炎症がみられることがわかっており、厚生労働省はCFSの診断にPETなどの特殊検査による客観的な評価を用いることを推奨している。治療は、抗うつ剤や抗不安剤の投与、免疫力を高めるための漢方薬や、抗酸化作用向上のためのビタミンCの服用などがあるが、確実で有効な治療法はみつかっていない。[編集部]

その後の動き

その後、厚生労働省が2014年度(平成26)に行ったCFS患者の日常生活に関する実態調査で、1日をほとんど寝たきりのまま生活する重症患者が30%以上に達することがわかった。また、CFSが、回復に長い時間を要するほどの激しい疲労などが長期間続くだけではなく、神経系機能障害も伴う深刻な実態であることが明らかとなった。全体の患者数は24万~38万人と推計されている。
 国際的には、日本でCFSとよぶ疾患を筋痛性脳脊髄(せきずい)炎(ME:myalgic encephalomyelitis)とよぶほうが正確かつ適切であるとされ、国際的な学会名も「CFS/ME学会」となっている。病態は中枢神経系の機能異常や調節障害が中心で、ウイルス感染後に発症することが多いとされる。国際疾病分類(ICD-10)でも、CFS/MEは神経系疾患に分類されている。2011年10月には、国際的医学雑誌「ジャーナル・オブ・インターナル・メディシン」に、世界各国医師と患者権利団体で構成する専門委員会が作成した、MEの詳細な診断基準(ME-ICC)が掲載された。こうしたなか、NPO患者団体は「慢性疲労症候群をともに考える会」から名称を「筋痛性脳脊髄炎の会(ME/CFSの会)」と改め、さらに踏み込んだ活動を進めている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慢性疲労症候群の関連キーワード往来相場怪火長欠天狗倒し長旅不審火引籠もりobscure gastro intestinal bleeding少女の微熱短期払込保険

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

慢性疲労症候群の関連情報