慶庵・慶安・桂庵(読み)けいあん

精選版 日本国語大辞典「慶庵・慶安・桂庵」の解説

けいあん【慶庵・慶安・桂庵】

〘名〙 (江戸時代、承応一六五二‐五五)の頃、江戸京橋に住む医者大和慶庵が、縁談などを巧みに取りまとめたところから)
① 縁談や訴訟などの仲立ちをする人。また、雇人や奉公人の口入れを業とする者。また、その家。口入屋。請宿(うけやど)
※子孫鑑(1667か)中「夫遊民ども、渡世のために慶安(ケイアン)と云中間(なかま)あり」
※塩原多助一代記(1885)〈三遊亭円朝〉九「江戸と云ふ所は桂庵と云ふものがあって、奉公人の世話をするそうだが」
② ことば巧みにお世辞や追従(ついしょう)を言うこと。また、その人。
※浮世草子・好色床談義(1689)三「江戸のけいあん都のたくせんが弁舌たらたらいふてありき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android