慶庵・慶安・桂庵(読み)けいあん

精選版 日本国語大辞典 「慶庵・慶安・桂庵」の意味・読み・例文・類語

けいあん【慶庵・慶安・桂庵】

〘名〙 (江戸時代、承応一六五二‐五五)の頃、江戸京橋に住む医者大和慶庵が、縁談などを巧みに取りまとめたところから)
① 縁談や訴訟などの仲立ちをする人。また、雇人奉公人の口入れを業とする者。また、その家。口入屋。請宿(うけやど)
※子孫鑑(1667か)中「夫遊民ども、渡世のために慶安(ケイアン)と云中間(なかま)あり」
塩原多助一代記(1885)〈三遊亭円朝〉九「江戸と云ふ所は桂庵と云ふものがあって、奉公人の世話をするそうだが」
② ことば巧みにお世辞や追従(ついしょう)を言うこと。また、その人。
浮世草子・好色床談義(1689)三「江戸のけいあん都のたくせんが弁舌たらたらいふて聞ありき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android