コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成島司直 なるしま もとなお

7件 の用語解説(成島司直の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

成島司直

幕府奥儒者。称豊之助、号東岳・花隠他。和鼎の孫・勝雄の子。成島家六世。小十人格となり父の勤を見習ふ。幕命により『東照宮実記』『鴻堂三戦記』等を著す。文久2年(1862)歿、85才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なるしま‐もとなお〔‐もとなほ〕【成島司直】

[1778~1862]江戸後期の幕府奥儒者。号、東岳。「徳川実紀」の編纂(へんさん)にあたった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成島司直 なるしま-もとなお

1778-1862 江戸時代後期の儒者。
安永7年2月15日生まれ。成島衡山の子。幕臣。奥儒者。文化6年より「徳川実紀」の編修を担当し,天保(てんぽう)12年諸大夫(しょだいぶ),図書頭。14年免職謹慎となった。文久2年8月13日死去。85歳。江戸出身。字(あざな)は邦之。通称は豊之助,邦之助(丞)。号は東岳,翠麓。著作に「東の春」「改正三河後風土記」「琉球(りゅうきゅう)録話」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

成島司直

没年:文久2.8.13(1862.9.6)
生年:安永7.2.15(1778.3.13)
江戸後期の儒学者,歌人。通称豊之助,邦之助。号東岳。成島錦江の曾孫(父は勝雄)。小十人格奥詰見習より昇進して奥儒者に至り,更に図書頭となる。成島家の家学である儒学と和歌に長じ,その学才は『徳川実紀』の編纂に大いに発揮された。将軍の侍講となり,政治改革の上書を奉るなど活躍したが,天保14(1843)年免職謹慎を命じられる。養子筑山に先立たれ,孫柳北の後見として晩年を送った。『東の春』『晃山扈従私記』などの和文のほか,家集に『司直詠草』(静嘉堂文庫蔵自筆稿本)がある。

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なるしまもとなお【成島司直】

1778‐1862(安永7‐文久2)
江戸後期の幕府儒官。通称は邦之助,邦之丞。号は東岳,翠麓。父は幕府儒官の衡山。1795年(寛政7)奥儒者見習となり,大番格,奥儒者を務め,1809年(文化6)から《徳川実紀》編纂に従事し,また意見封事を奉り,41年(天保12)には諸大夫(しよだいぶ)となり図書頭と改めた(勤役中500俵および役料300俵)。43年に理由は不明であるが謹慎を命ぜられた。著書に《改正三河後風土記》《鴻台三戦記》《琉球録話》《老(おい)のくりごと》などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なるしまもとなお【成島司直】

1778~1862) 江戸後期の儒学者。号、東岳。奥儒者となり1809年より40年間にわたり「徳川実紀」の編纂へんさん・撰修にたずさわり、これを完成。著「改正三河後風土記」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成島司直
なるしまもとなお
(1778―1862)

江戸後期の儒者。通称邦之助(くにのすけ)、のちに邦之丞(じょう)。18歳で奥儒者見習となり、1813年(文化10)奥儒者に任じられ、1843年(天保14)免職されるまで幕府の儒官を勤める。1809年より総裁林述斎(はやしじゅつさい)のもと『徳川実紀』の編纂(へんさん)に従い、1843年正本を完成。1841年には諸大夫(しょだいぶ)(五位のこと)となる。博学で、ことに日本の歴史・故実に精通した。『改正三河後風土記(みかわごふどき)』(1833成立)などを著す。[玉懸博之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の成島司直の言及

【徳川実紀】より

…516冊(本編447冊,付録68冊,成書例・総目録・引用書目1冊)。大学頭林述斎を総裁とし,成島司直(もとなお)を主任格に20名余の編纂員で撰述し,1809年(文化6)起稿,43年(天保14)に完成。正本献上につづいて副本が作成され,49年(嘉永2)に完成。…

※「成島司直」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

成島司直の関連キーワード江沢講修森鼎横山興孝吉田耕雲越智高洲宇野億中漢儒巌垣松苗三本木通り和田邦之助

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone