コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸板返し トイタガエシ

デジタル大辞泉の解説

といた‐がえし〔‐がへし〕【戸板返し】

歌舞伎の仕掛け物の一。「東海道四谷怪談」の3幕目で用いる。戸板の表面にお岩の、裏面に小平の死体をくくりつけ、顔にあたる所にあけた穴から役者が顔を出し、二役早替わりをするもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

といたがえし【戸板返し】

歌舞伎の仕掛け物の一。一枚の戸板の表裏に別々の衣装を取りつけておき、顔にあたる部分にあけた穴から俳優が顔のみを見せて早変わりするもの。四世鶴屋南北作「東海道四谷怪談」の隠亡堀おんぼうぼりの場で用いられたものが最初という。
(転じて)人の態度などが急変すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の戸板返しの言及

【東海道四谷怪談】より

…戸板を裏返すと小平の死骸があらわれ〈薬を下され〉と言う。伊右衛門は,抜き打ちに死骸を切りつける(戸板返し)。このあと直助,与茂七と3人のだんまり。…

※「戸板返し」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

戸板返しの関連キーワード長谷川勘兵衛(11代)『東海道四谷怪談』勝俵蔵(2代)長谷川勘兵衛けれんケレン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戸板返しの関連情報