打(ち)水(読み)ウチミズ

デジタル大辞泉の解説

うち‐みず〔‐みづ〕【打(ち)水】

[名](スル)道や庭に水をまくこと。水撒(ま)き。また、その水。特に、夏の夕方などに涼をとるためにまく。 夏》「―や砂に滲みゆく樹々の影/亜浪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

打水
うちみず

茶会で客を迎えるとき、また中立(なかだち)、退出の前などに水をまいて露地をぬらすこと。一般には、ほこりを消したり、涼気をとるために庭や道に水をまくことをいう。南坊宗啓(なんぼうそうけい)の『南方録』では、「三炭・三露」といって露地に水を打つことは秘伝の部に属し、基本的には客が露地入りする前に一度、中立の前に一度、会が済んで客が立つ時分に一度の、三度の打水をいう。山田宗(そうへん)の『茶道便蒙抄(べんもうしょう)』には、「水を打つこと、中潜(なかくぐり)の戸、雪隠(せっちん)の戸内外、水にてしめす、樹木、飛石残らず水を打つなり」と打ち方が説明されている。[筒井紘一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐みず ‥みづ【打水】

〘名〙 ほこりを抑え、また涼気をとるために庭や道にまく水。また、その水をまくこと。撒水。《季・夏》
※俳諧・天満千句(1676)一〇「俄なれと明日はれな客を得る〈宗因〉 急雨のして炉路の打水〈武仙〉」

うちみずに うちみづ‥【打水】

小唄歌沢本調子。夏の夜の涼味をうたったもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android