コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)水 ウチミズ

2件 の用語解説(打(ち)水の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うち‐みず〔‐みづ〕【打(ち)水】

[名](スル)道や庭に水をまくこと。水撒(ま)き。また、その水。特に、夏の夕方などに涼をとるためにまく。 夏》「―や砂に滲みゆく樹々の影/亜浪

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

打水
うちみず

茶会で客を迎えるとき、また中立(なかだち)、退出の前などに水をまいて露地をぬらすこと。一般には、ほこりを消したり、涼気をとるために庭や道に水をまくことをいう。南坊宗啓(なんぼうそうけい)の『南方録』では、「三炭・三露」といって露地に水を打つことは秘伝の部に属し、基本的には客が露地入りする前に一度、中立の前に一度、会が済んで客が立つ時分に一度の、三度の打水をいう。山田宗(そうへん)の『茶道便蒙抄(べんもうしょう)』には、「水を打つこと、中潜(なかくぐり)の戸、雪隠(せっちん)の戸内外、水にてしめす、樹木、飛石残らず水を打つなり」と打ち方が説明されている。[筒井紘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

打(ち)水の関連キーワード灌水カフェテラス死に水を取る送水種蒔き水打ち水撒き切水散水水撒き車

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone