打(ち)水(読み)ウチミズ

デジタル大辞泉の解説

うち‐みず〔‐みづ〕【打(ち)水】

[名](スル)道や庭に水をまくこと。水撒(ま)き。また、その水。特に、夏の夕方などに涼をとるためにまく。 夏》「―や砂に滲みゆく樹々の影/亜浪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

打水
うちみず

茶会で客を迎えるとき、また中立(なかだち)、退出の前などに水をまいて露地をぬらすこと。一般には、ほこりを消したり、涼気をとるために庭や道に水をまくことをいう。南坊宗啓(なんぼうそうけい)の『南方録』では、「三炭・三露」といって露地に水を打つことは秘伝の部に属し、基本的には客が露地入りする前に一度、中立の前に一度、会が済んで客が立つ時分に一度の、三度の打水をいう。山田宗(そうへん)の『茶道便蒙抄(べんもうしょう)』には、「水を打つこと、中潜(なかくぐり)の戸、雪隠(せっちん)の戸内外、水にてしめす、樹木、飛石残らず水を打つなり」と打ち方が説明されている。[筒井紘一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android