コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

投銀 なげがね

3件 の用語解説(投銀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

投銀
なげがね

抛銀とも書く。江戸時代初期の朱印船貿易の繁栄した時期に,長崎,博多などの豪商が中国人,ポルトガル人,日本の船主,客商 (朱印船に客乗の商人) などに対し貸付けた資金。一種の投機的な貿易投資で船舶,船荷を担保として3~10割の高利に及び,普通一航海半年の期限で元利とも返済される約定になっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

投銀【なげがね】

抛銀とも書き,海上銀(かいじょうぎん)ともいった。江戸初期,朱印船貿易に携わるポルトガル人・中国人・日本人等に島井家・末次家などの豪商が貸し付けた資金で,海上投資の一種。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なげがね【投銀】

抛銀とも書き,海上銀ともいった。海外貿易に投資した金融業の一種。江戸時代初期に朱印船貿易家や客商,唐船および寛永期(1624‐44)のポルトガル船に対し,長崎や博多の豪商が投銀投資を行ったが,これは海上投資の一種で,危険性が大きく,それだけに利率は高く年間30~50%,場合によっては70%にもなった。この高い利息の理由は,往復航海で借主が無事であれば,それだけの高額な利息をつけたが,万一洋上で借主が難破した場合には,貸主の損害とする定めであったからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の投銀の言及

【冒険貸借】より

…銀行制度,海上保険制度がそれぞれ発達するにつれて,これらの機能はしだいに分化し,冒険貸借は行われなくなった。日本でも御朱印船時代に投銀(なげがね)と呼ばれる類似の取引が行われていたことがある。【高木 秀卓】。…

※「投銀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

投銀の関連キーワード金銀複本位制度アマルガム法一朱銀石見銀海外貿易外国貿易かま元禄銀上銀海上銀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

投銀の関連情報