コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗アレルギー剤 こうアレルギーざいantiallergic

翻訳|antiallergic

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抗アレルギー剤
こうアレルギーざい
antiallergic

広義にはアレルギー性疾患に対する治療薬がすべて含まれるが,一般的には,アレルギー反応に関与する細胞から放出される化学伝達物質の遊離抑制剤と理解されている。花粉症や気管支喘息 (ぜんそく) ,アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患に用いる。ただし,急性期の諸症状に対しては無効で,予防的治療薬という位置づけになっている。クロモグリク酸ナトリウムが第1号で,炎症に関与する細胞からのヒスタミンの遊離を抑制する作用機序を持つ。 1990年現在,日本では 11種類の抗アレルギー剤が発売されているが,さらに 30種類以上の抗アレルギー剤が,開発段階にある。これらの薬剤について,患者の病態に合わせた選択基準を考える時期に来ているといってよいだろう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

抗アレルギー剤の関連キーワード協和醗酵工業[株]気管支喘息治療剤抗ヒスタミン薬ノバルティスうるしかぶれ陰部瘙痒症じんま疹皮膚結核血精液症点鼻薬消炎剤湿疹鼻炎

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android