コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

担う/荷う ニナウ

デジタル大辞泉の解説

にな・う〔になふ〕【担う/荷う】

[動ワ五(ハ四)]
物を肩に支え持って運ぶ。かつぐ。「十字架を―・う」
ある物事を支え、推し進める。また、自分の責任として身に引き受ける。負担する。「責任の一端を―・う」「地球の未来を―・う」「衆望を―・う」
[可能]になえる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

担う/荷うの関連キーワードアクセスポイント (無線LAN)国家安全保障会議(NSC)アセチルコリンエステラーゼリモートアクセスサーバーリーダーシップ・ブランドベースバンドプロセッサー原子力規制委員会設置法ホストコンピューターバードンシェアリングプロジェクトオーナースーパーツイーター韓国航空宇宙研究院グローバルパワーインナーマッスルディスパッチャーメディアレップチッソの分社化カースト分化マザーボード社会福祉法人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android