(読み)りょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


りょう

唐令を母法とする日本の古代法典の一つ。刑法以外の国家組織の基本的な諸制度である行政法訴訟法,民法,商法などに相当するものを網羅的に規定したもの。大化改新後の天智7 (668) 年藤原鎌足を総裁としてつくられた『近江令』 (22巻) が最初で,その後,天武9 (680) 年修正され,持統3 (689) 年に『浄御原令』 (22巻) が施行された (→飛鳥浄御原律令 ) 。次いで文武天皇大宝1 (701) 年『浄御原令』を改定して『大宝令』 (11巻) が藤原不比等らによって施行され (→大宝律令 ) ,さらに養老2 (718) 年修正され,天平宝字1 (757) 年『養老令』が施行された (→養老律令 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りょう〔リヤウ〕【令】

古代、中国を中心とする東アジア諸国の法典。とともに国家の基本法典で、のちの行政法訴訟法民法などにあたるすべての規定を含む。日本では飛鳥浄御原(きよみはら)令・大宝令・養老令などが順次に制定された。実際に全国的に実施されたのは大宝令。→律令

りょう【令/霊】[漢字項目]

〈令〉⇒れい
〈霊〉⇒れい

れい【令】

命令布告。また、法令。「を下す」「解放
古代中国の官制で、地方長官。特に、郡県制における県の長官。
明治初期、府・県の長官。知事の旧称。
鎌倉時代、政所(まんどころ)の次官。
律令制で、京の四坊ごとに置かれた責任者。坊令。
りょう(令)

れい【令】[漢字項目]

[音]レイ(漢) リョウ(リャウ)(呉) [訓]しむ せしむ
学習漢字]4年
〈レイ〉
言いつける。命ずる。言いつけ。お達し。「令状禁令訓令号令司令指令辞令勅令伝令発令布令(ふれい)命令
おきて。のり。「条令法令
長官。「県令
よい。りっぱな。「令色令名
相手の親族に対する敬称。「令兄令嬢令息令夫人
〈リョウ〉
言いつけ。「令旨(りょうじ)
おきて。「令外(りょうげ)律令
[名のり]おさ・なり・のり・はる・よし
[難読]御布令(おふれ)令史(さかん)仮令(たとい・たとえ)縦令(たとい・たとえ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りょう【令】

古代、国家制度全般について定めた法典。律とともに中国で秦・漢時代に発達、隋・唐時代に大成。日本では唐令を模して、天智朝期の近江令から持統朝期の「飛鳥浄御原令あすかきよみはらりよう」を経て701年律を加えて「大宝律令」として制定。718年改定して「養老律令」とした。

れい【令】

命令。いいつけ。 「 -を発する」 「出撃の-が下る」
法規。さだめ。 「戒厳-」
明治初期、府県の長官。県令。
鎌倉時代、政所まんどころの次官。
律令制で、左京・右京の四つの坊を統轄する職。坊令。条令。
古代中国で、地方の長官。特に、県の長官。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りょう リャウ【令】

〘名〙
① 一般に公布した規程・法令。きまり。おきて。
② 古代の東アジア諸国の法典。すべきことをあげる教令法規。律とともに隋・唐で大成し、周辺諸国に波及した。日本では、唐令を範とし日本の国情を考慮して作られ、そのはじめは近江令であるともいわれるが確かなのは持統三年(六八九)の飛鳥浄御原律令である。大宝元年(七〇一)大宝律令として大成し、これを改定して養老律令が養老二年(七一八)に成立した。伝存するものはこれである。
※続日本紀‐和銅五年(712)五月乙酉「若有令者、即准其犯、依律科断」

れい【令】

[1] 〘名〙
① おおせ。命令。ふれ。布告。また、法令・条令。
※菅家文草(900頃)五「月夜翫桜花、各分一字、応令一首」
※史記抄(1477)八「此外は一々に不言とも此の令に比してせよぞ」 〔書経‐冏命〕
② 古代の中国で、一地方の長官。特に郡県制で郡の長官を太守と呼ぶのに対して県の長官をいう。県令。〔呂氏春秋‐孟春紀・去私〕
令制で京の左京・右京の四つの坊を統括する職。その地の有力者を任命する。坊令。条令。〔令義解(718)〕
④ 令制で、一品(いっぽん)以下四品(しほん)までの親王の家および三位以上の公卿(くぎょう)の家に、家務を総括する者として置かれる職員。家令(かれい)。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
⑤ 奈良時代、平準署の長官。平準令。
鎌倉時代、将軍家の政所(まんどころ)の職員。別当を補佐した。
※吾妻鏡‐建久三年(1192)八月五日「家司別当 前因幡守中原朝臣広元 前下総守源朝臣邦業、令 民部少烝藤原朝臣行政」
⑦ 明治四年(一八七一)から同一九年までの府・県の長官。知事の旧称。県令。
※開化問答(1874‐75)〈小川為治〉二「府県にては重役の事を知事、令(レイ)といひ」
⑧ 時候。時令。月令。
※菅家文草(900頃)五・十月廿一日禁中初雪「推歩四時令不違、初開六出報重闈
[2] 〘語素〙 (立派であるの意から) 他人を敬って、その家族を表わす語の上に付ける。「令兄」「令嬢」「令夫人」など。

れい‐・す【令】

〘他サ変〙 ⇒れいする(令)

れい‐・する【令】

〘他サ変〙 れい・す 〘他サ変〙 命令する。申しつける。いいつける。
正法眼蔵(1231‐53)行持上「つひに僧に令して師を請するに出山せず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【会典】より

…中国の法典は大別して刑法典と行政法典の二つとすることができる。刑法典はすなわち〈律〉であり,行政法典はすなわち〈令〉と〈会典〉(《六典》をも含む)である。唐の開元年間(713‐741)に編纂された《六典》は,各官庁ごとに関係の諸法規(律令格式および勅など)を集めたもので,主として吏部・戸部・礼部・兵部・刑部・工部の六部の下にこれを分載した。…

【中国法】より

…漢に入って秦の失敗にかんがみて,儒家がさらに勢力を伸ばし,立法裁判に儒教主義を加味すべきを唱え,法家と儒家の勢力争いがたびたび起こった。漢代には律のほかに,補助的な任務をもつ令も制定されたが,この律令は時代とともに変遷し,儒教思想を含むことが多くなった。この傾向は前漢の末から,後漢にかけてとくに著しく現れた。…

【律令格式】より


【中国】
 律・令・格・式なる4種の法典は歴代の政府が発布した六法全書のごときもので,古くは戦国時代に淵源し,唐代に至って最も完備されたが,宋以後変化が起こり,あるいはその重要性を失って新出の法典に座を譲り,あるいは形式名称を変えて旧面目を失うものが多いなかに,ただ律は明代に復興して大明律となり,さらに大清律となって清朝末期にいたった。 現今目睹しうる最古の刑法である律は秦律であり,1975年湖北省雲夢県の睡虎地で秦代の墓から1000余枚の竹簡を発見した中に,占卜書2種を除くほかはおおむね政治,法律に関する文書であり,数種類の秦律が含まれていることがわかった(睡虎地秦墓)。…

※「令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

令の関連情報