指定都市(読み)シテイトシ

デジタル大辞泉「指定都市」の解説

してい‐とし【指定都市】

地方自治法規定により、政令で指定された人口50万以上の市。を設けられるなど、普通の市と異なる取り扱いが認められる。政令指定都市。自治指定都市。指定市政令市。→中核市特例市
[補説]大阪名古屋京都横浜神戸北九州札幌川崎福岡広島仙台千葉さいたま静岡新潟浜松岡山相模原熊本の20都市(平成29年現在)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「指定都市」の解説

してい‐とし【指定都市】

〘名〙 政令で指定する人口五〇万以上の市。地方自治法では、事務配分、行政監督、区の設置など通常の市とは異なる特別の取扱いを認められている。政令指定都市。政令都市。〔地方自治法(1947)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の指定都市の言及

【政令指定都市】より

…人口50万人以上の市で,地方自治法252条の19に基づいて政令によって指定されたもの。指定都市と略称することもある。 地方自治法は大都市行政の効率化と市民の利便の向上のために,政令で指定する人口50万人以上の市について行財政上の特例を設けている。…

※「指定都市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android